« ■紫のアリス | Main | ■サハラ砂漠の王子さま »

「ミステッィク・リバー」

監督:クリント・イーストウッド
製作総指揮:ブルース・バーマン
原作:デニス・ルヘイン
出演:ショーン・ペン 、ティム・ロビンス 、ケヴィン・ベーコン他
2003年/アメリカ(DVD)

ジミー、デイブ、ショーンの3人の少年たちが路上で遊んでいる。
そこへ警官を装った誘拐犯が現れデイブだけを連れ去り、
監禁し暴行する。それから25年後、ジミー(ショーン・ペン)の
愛娘が殺害され、刑事となっショーン(ケヴィン・ベーコン)が
捜査にあたるのだが……。

今年の年明けに随分と話題になっていたけれど、「後味悪い」
との評判を耳にし、新年早々そんな映画は見たくないとパス。
監督がクリント・イーストウッドで、豪華役者が勢ぞろいなので
あんなに「観るべし」ムードになったのでしょうか?

サスペンスタッチのストーリーは最後まで面白く見れました。
どんでん返しといかないまでも、そう来たかという感じです。
でも私は途中で分かっちゃったんですよね。<犯人
動機は私が考えたのとは違って、かなり曖昧ですが……。

「人生はいろんな選択から成っている」
日々そうとは意識しなくても、その時その場でいろんな選択を
私たちはしているはず。そしてその選択が将来、あらゆる面に
反映される。こう思うと怖いですねー。

この映画では、少年が抱えた心の傷が重要なポイントになって
いますが、観る人を惑わす為に用意されているだけのような気
もします。
「あの時、車に乗っていたのが僕だったら」
「3人一緒に乗っていたら・・・」
という台詞も、あまり活かされていないように思います。
それぞれの人生はまた別のものになっていたのは間違いない
けれど、車に乗ったのがデイヴ一人だからといって、あのラスト
はないと思うんですよね。

短絡的は行動はイカン!という結論にはなるけど。

« ■紫のアリス | Main | ■サハラ砂漠の王子さま »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39855/1789873

Listed below are links to weblogs that reference 「ミステッィク・リバー」:

« ■紫のアリス | Main | ■サハラ砂漠の王子さま »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ