« ■空から恥が降る | Main | ■みみずくの夜メール »

■デッドエンドの思い出

よしもとばなな著(文藝春秋)

何かしみじみとしたものが残る不思議な読後感。
それが何なのか2度読み返したけれど、やっぱり巧く言葉に
出来ません。私の文章力では無理でした。

著者があとがきに「泣かずにゲラを見ることができなかった」
と書いているように、切なくつらいラブストーリーを集めた短編集。
これだけ後を引くのは、何故なんだろう。

人生は、いろんな辛い出来事があったりする。
直視するのを避けるような嫌な思い出もあるでしょう。
それらは全て家族や友人や恋人はたまた他人というように、
「人と人との関わり」のなかで生じるわけだけれど、
それは人との関わりのなかでしか癒されず、
そしてそうしなければ人は前へ進めないのかもしれません。

|
|

« ■空から恥が降る | Main | ■みみずくの夜メール »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39855/2139948

Listed below are links to weblogs that reference ■デッドエンドの思い出:

« ■空から恥が降る | Main | ■みみずくの夜メール »