« ■しあわせな孤独 | Main | 「ローレライ」 »

「オペラ座の怪人」

監督・脚本:ジュエル・シュマッカー
製作・脚本・作曲:アンドリュー・ロイド=ウェバー
出演:ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム、ミニー・ドライバー
2004年/アメリカ

ロンドン・ミュージカルの巨匠、アンドリュー・ロイド=ウェバー。
映画化された「ジーザス・クライスト=スーパースター」「エビータ」
そしてこの「オペラ座の怪人」。
どの作品も舞台は未見なのが残念でなりません。

特にこの「オペラ座の怪人」は、有名なあのパリ・オペラ座が舞台。
さらにストーリーが泣けるんですよね。

オペラ座に住み着いた謎の怪人が新進プリマを愛し、自分の音楽の
才能を彼女を通して表現しようとするが、その愛は拒絶されてしまい、
彼女は別の男のもとへ……。

「あなたは、魂が歪んでしまったのね」

といったクリスティーヌの台詞があるけれど、それも仕方ないかもと
思えてしまいます。その顔のせいで母親からも疎まれ、オペラ座の
地下で過ごすようになる経緯など、涙無くしては見れません。
心の拠り所のない孤独。哀しいです。切ないです。
女性の方が結構感想に書いている怪人のセクシーな魅力は、
私にはあまり感じられませんでした。

舞台裏でのやり取り、主役を巡る駆け引きなど、バックステージもの
として観ても面白いです。ミニー・ドライバーがド迫力でしたね。

« ■しあわせな孤独 | Main | 「ローレライ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39855/3082881

Listed below are links to weblogs that reference 「オペラ座の怪人」:

» オペラ座の怪人【8】 [distan日誌]
昨夜、3回目、レイトショーで観てきました。シネコンには、新作がいくつか、かかっていたけれど、やっぱり他の作品を観る気には、ちょっとなれないな。 サントラを十分... [Read More]

« ■しあわせな孤独 | Main | 「ローレライ」 »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ