« 札幌文団協フェスティバルと道民芸術祭 | Main | 「ダンシング・ハバナ」 »

「いま、会いにゆきます」

監督:土井裕泰
出演:竹内結子、中村獅童
2004年/日本
(DVD)
確かこの映画出演がきっかけで、主演の二人は結婚したのだよね?
出来ちゃった結婚だったよね?
どの辺りで二人は既に?

などと、おしゃべりオーケーなDVD鑑賞をいいことに、
ロマンチックな映画の内容とは裏腹なことを語りつつ
観ていたわけですが・・・・・・。
最初は随分ヒネリのない話だなあ、と思いました。
亡くなった奥さんが雨の季節に戻ってきて、
頼りない夫と息子の生活を案じ、
目玉焼きの作り方や洗濯など家事を幼い息子に仕込んだりして、
息子が18歳になるまでお誕生日ケーキを予約したり、
泣けるといえば泣けるんだけど、なんだかあまりにも
ロマンチック乙女チック過ぎないか?と。
竹内結子さん演じる可愛らしい妻も、今どきこんな女性
いるのかしらん、と少々疑問視。

ラストで、あれ?なんだったの?と
少しだけヒネリがあったので安心しました。

ストーリーはともかくとして、ホントに上手い役者ですね。
中村獅童さん。
それに雨の風景がとても美しく、映像を観ていると
ホットするような癒し効果のある映画でした。

|
|

« 札幌文団協フェスティバルと道民芸術祭 | Main | 「ダンシング・ハバナ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39855/5569335

Listed below are links to weblogs that reference 「いま、会いにゆきます」:

» いま、会いにゆきます [欧風]
「世界の中心で、愛をさけぶ」に続き、泣ける映画ってことで、噂になっていた「いま、会いにゆきます」。 やっぱりこれは映画館で見ねば!と、この前見てきました(なぜか岐阜(^_^))。 話としては、1年前に妻に先立たれた、6歳の子供と暮らしている父親の所に、梅雨の季節に何故か死んだ母親が突然戻ってきて・・・。という感じです。 最初、泣ける映画って事で、ホントかな~、死んだ妻が戻ってくるなんてあるの?なんて構えて見てたせいか、最初の方ののんびりしてる展開に、それ程でもないかな?って思ったん... [Read More]

Tracked on October 07, 2005 at 10:11 PM

« 札幌文団協フェスティバルと道民芸術祭 | Main | 「ダンシング・ハバナ」 »