« August 2005 | Main | October 2005 »

September 2005

舞台版「サマータイムマシン・ブルース」

作・演出:上田誠(ヨーロッパ企画
出演:石田剛太、酒井善史、諏訪雅、永野宗典、本多力ほか
2005年9月10日@ターミナルプラザことにPATOS

ラッキーなことに、すごい豪華なゲストが!!
映画版の本広監督と原作・脚本の上田さんの対談が
あるなんて全く知らずに観に行ったので大感激でした。
琴似まで、はるばる行った甲斐がありました。

映画版の曽我くんと田村くんの二人が現れた時には
「あら?同一人物?」と頭上を「?」マークが
飛び交いましたが、オフィシャルサイトをちゃんと
見ていれば別に驚くことでもなかったのですね。
本広監督の「交渉人 真下正義」にも出演している
有名人だったなんて。映画、も一度観なくちゃ。

曽我くん役の永野さんは映画では瑛太を喰っている
と思っていたら、監督も「ほぼ主役」と言ってたし、
マッシュルームカットの田村くんを演じられる人は
本多さんしかいない、と本広監督弁。
納得です。

舞台を観てから映画を観るのが正しい順序なのかも
しれません。映画版で気に入ったシーンが舞台版で
観れなかったのは残念でした。
まあ無理もないけれど……。
映画ならではのシーンだよねえ……。
と、いろいろ比べて楽しみました。
「笑えた度」だったら舞台版です(きっぱり)。

| | Comments (4) | TrackBack (1)
|

「サマータイムマシン・ブルース」

監督:本広克行
原作・脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)
出演:瑛太、上野樹里、与座嘉秋、川岡大次郎、ムロツヨシ
オフィシャルサイト

事件は、とある大学の「SF研究会」部室で起きた。
夏休みを過ごす5人の男子学生と2人の女性写真部員。
猛暑なのにクーラーのリモコンは壊れている。
そこに突然タイムマシンが出現。
前の日に戻り、壊れる前のリモコン取ってこようと
軽い気持ちで乗ってみたから大変なことに。

河童!!またもや河童!
この夏のマイブーム?(意味が違う?)
河童に縁があるのは何故でしょう……。

大学構内にある「河童さま」の正体に爆笑でした。
思い出しても笑えます。
シャンプーに拘る人。
ガラクタを集めてくる人。
キモイと言われる未来人。
学生にバカにされてる万年助手。
登場人物が皆、キャラが立っていて面白いです。

SFなんて少しも研究してなさそうな部員5人の
けだるさや、やる気ゼロな感じがいかにも大学生!
で良いんですよね。長い夏休み。あり余る時間。
私は短大卒だし、某大学体育会系部活に首を
突っ込んでいたので夏休みはもっと忙しかった
と当時を振り返ってみたりして・・・・・・。
文科系サークルに加入している大学生のイメージ
ですね、この5人は。

女の子が二人登場するけれど、あからさまな恋
に発展しないのもいいです。
今どきの学生って誰でもすぐカップルになるような
気がするから。
それにしても未来は変えられるけれど過去を
変えるのはマズイのだろうか?やはり。

京都を拠点に活動する劇団「ヨーロッパ企画」の演劇が
原作だというので観に行きました。
映画を観て俄然、舞台の方も観たくなりました。
札幌公演行きたい・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (12)
|

« August 2005 | Main | October 2005 »