« October 2005 | Main | December 2005 »

November 2005

魍魎の匣

京極夏彦:著

連続バラバラ殺人の犯人は途中で分かってしまった。
分かったからといって面白さが半減する小説ではないけれど。
ラストの京極堂の謎解き「憑き物落とし」が長いのが、
このシリーズの特徴だよね。

京極堂シリーズは何かと勉強になる。
今回は宗教について色々考えさせられた。
新興宗教にも嫌悪感を持っちゃいけないような気がしてくる。
カトリックの短大を卒業しているくせに、宗教はあまり
好きじゃない私……。
宗教に頼らなくても環境に順応し幸せを獲得してしまう
雨宮のような人間になりたいと思った。
と、それはそれで問題ありそうだけど。

閉ざされた森

監督ジョン・マクティアナン
脚本ジェームズ・ヴァンダービルト
出演:ジョン・トラヴォルタ、サミュエル・L・ジャクソン
2003年/アメリカ

レンタルビデオで観ました。
舞台はパナマ。
ハリケーンの豪雨の中、レンジャー部隊の特殊訓練が行われた。
1名死亡。2名生還。
鬼軍曹と隊員6人のうち3名は行方不明。
二人の証言によると残りの者は死んだとのこと。
だが、遺体は見つかっておらず話は食い違っている。
嵐の中、何があったのか?
真相を究明するように言われたジョン・トラヴォルタは・・・。

ゲイ・女性・黒人をことさらに強調し、社会派問題作の
ように見せかけているけれど、実は・・・。
ラストのオチを観ても、一回では何がなんだか?状態。
頭悪い?
何となく、そういうことなのね、とは分かるんだけれど。
でもこの映画、今の私にはかなりタイムリーな映画だった。

生存者1の台詞。
「真実には裏がある。」
「真実は見かけと違うってことがよくある」

二転三転、ラストはどんでん返しで締めくくるこの映画で唯一
「真実」なのは、この台詞だけじゃなかろうか。

「人は見える部分しか見ない」「人は見たいようにしか見ない」
というのは過去にどこかで読んだ言葉。
意味深長だよねー、とシミジミ。

どんなに疲れても頭真っ白にならない訓練、私も必要だわ。

棟方志功・炎じゃわめぐ

わらび座ミュージカル
演出:西川信弘
出演:安達和平、阿部佐和子ほか

明治36年9月5日、青森市で代々鍛冶職を営んできた父棟方幸吉
母さだの三男として生まれる。
同43年4月に尋常小学校に入学し、3年生の頃から凧絵に興味を持つ。
小学校を卒業する頃から兄と一緒に実家の手伝いをしていたが、
17才の時に裁判所の弁護士控所に給仕として雇われる。
仕事のない日や、早朝に合浦公園に出かけて写生をし、絵の勉強をした。
ゴッホのヒマワリの複製に深い感銘をうける。

大正13年、21才の時、志を立てて上京。
靴直しや納豆売りなどをして苦労しながら絵の勉強を続ける。
上京して5年目の昭和3年10月、第9回帝展に「雑園」(油絵)を出品し、
見事入選。

・・・と、以上は棟方志功美術館のサイトに書かれていたものからの
抜粋です。
このままこの文章をミュージカルにすると、こうなりました!
といった感じの舞台でした。
文章を読むよりずっと覚えやすく、記憶に残りやすいのが良いです。

青森といえば、ねぶた・津軽じょんがら・棟方志功。
ねぶたと津軽じょんがらを上手く取り入れ、魅力的な舞台に
なっていました。
オープニングのダンスに燃えますが、あれって
ねぶたの「跳ねと」そのまんまなのでしょうか?
見たことないので分からないんですが。

子供時代はナンバーも今ひとつ。
結婚してからが俄然面白くなりました。
最後は感動で胸が熱くなり、青森にねぶた観に行くぞー
と密かに心に決めました。もちろん棟方志功美術館も。

以前見た「アテルイ」で主役の人がまたもや志功役でしたが、
かなり上手な役者さんなのでしょうか。


ブラザーズ・グリム

監督:テリー・ギリアム
出演:マット・デイモン、ヒース・レンジャー、モニカ・ベルッチ

ホントは12月にメディアパーク・スピカで公演がある
ヌーヴォー・シルク、カアン・カアの「グリム」を観たい。
が、映画で我慢。

「今、サーカスを通してグリム童話の摩訶不思議な世界は
現実のものとなる。」
これは、カアン・カアの宣伝文句です。
さて映画では、どのように描かれているのか。

幻想的な中世ドイツの景色は私にはプラスポイント。
怪奇現象に立ち向かうグリム兄弟なのですが、
有名なグリム童話をあちこちにちりばめているのが面白い。

テリー・ギリアム監督は天才映像作家と言われているらしい。
どんな映像も可能っぽい映画の世界は観る側の受身な部分が
大きく、想像力を働かせる必要があまりないように思う。
監督の創り上げたグリム童話の世界を黙って
享受するしかない。それが少々物足りなく感じる。

カアン・カアの「グリム」は、観る側が想像力を働かせ楽しむ
要素が残っているような気がする。
うーむ。
誰かチケットください。S席6000円。

姑獲鳥の夏

変なサイトにトラックバックされていたので、
しばらくトラバ禁止にすることにしました。

で、「姑獲鳥の夏」です。京極夏彦:著
映画にもなっていますが、そちらは未見です。
古本屋にして陰陽師が憑き物落としってことですが、
おどろおどろしい表紙に引いてしまう人もいると思いますが、
ちっとも怖くないです。

理詰めで難しい文章が長々続いたりするので、
読むのにちょっと苦労します。
女の悲しさ哀れを感じ、ちょっと泣けてしまう話でした。

百器徒然袋‐雨

京極夏彦:著

秋の夜長は読書が進みます。
前に読んだ「百器徒然袋‐風」は「雨」の続編だったようで、
読む順序が逆になってしまったのが少々残念。
京極さんの著作は京極堂の中禅寺さんを取り巻く登場人物が
所々重なっていて、他の作品を読んでいないと意味が分からない
箇所があったりする。そういう過去があったのか!で済む話では
あるのだけれど。

身につまされる登場人物が、関口巽と本島さん。
事件に巻き込まれるタイプで、なんだか誤解されやすいのが
よく似てるような気がする。私と。

大騒ぎするのも大人気ないと黙っていると他人は勝手なもの
で、それがあたかも真実であるかのように話を大きくしたりする。
どうしてそういうことになるの~?
と、私は腹立たしいやら情けないやら悲しいやら。
あー、ムカつくで済めばいいけど、済まないこともある。
似てるんだなあ、読めば読むほど。
そういう運命だと諦めモードなのも一緒だ!(涙)。

BORDERLESS 2005「Dyanamics Space」

2005年11月6日
@北海道厚生年金会館大ホール
北海道JAZZ DANCE協会主催公演

よく分からない私が少ないボキャブラリーで感想を綴ると
おもいっきりトンチンカンになりそうで怖いのですが……。
ひと言で表現すると「スタイリッシュ!」な舞台でした。

ヒップホップは、こんなにオシャレになるんですね。
10~20代の若者向きダンスのイメージが強いヒップホップ。
迷彩柄パンツなど独特の服装に身を固めたダンサーが
一堂に会すると、舞台は急に大人とは一線を画す雰囲気に
なってしまうんじゃないかと素人の私は思う訳ですが、
そうなっていないところが流石です。
ストリート色を薄めているからでしょうか?

ゲストの「Hilty & Bosch」お二人のダンスもLOCKINGと
ストリートらしいのですが、ドレスアップして観に行くショーを
観ている感覚に近いように感じました。
演出や照明、衣装効果なのでしょうか?

舞台全体を通しても、同じことが言えます。
コンテンポラリージャズとヒップホップに大別出来そうな作品が
多かったように思いましたが、全体を一つのイメージに統一し、
最後まで観ることで一作品として完結するように創られたの
ではなかろうか、と思いました。
「JAZZ DANCE NOW」も共通のテーマで創られている
はずですが、今回の舞台の方が統一感を感じました。

スペシャルゲストYOUYA氏のソロ「WING」は一見
派手さが無く寂しいように感じますが、強烈な個性で
異彩を放っていました。最も記憶に残る作品でした。

昨年に続き観せていただいたBORDERLESSシリーズ。
スタジオの枠を取り去ることで<個>が強さを増し、
集団の中に埋没していたダンサーの輪郭がより
ハッキリするように感じ、不思議で面白かったです。


《お気に入り作品と振付者》

「月の夜」(ジャンピン’ジャック 稲場幸栄氏)
「absorb」(ダンススタジオマインド 西野武氏・向井章人氏)
「WING」(YOUYA氏)
「intersection」(YOUYA氏)

« October 2005 | Main | December 2005 »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ