« ルルベ・ゴリ・バレエ団 | Main | 表紙の人 »

Noism05「NINA-物質化する生贄」

2005年12月15日
@札幌教育文化会館大ホール

演出・振付:金森穣
ダンサー:青木尚哉、井関佐和子、佐藤菜美、島地保武、高橋聡子
高原伸子、中野綾子、平原慎太郎、宮川愛一郎、山田勇気

音楽:トン・タッ・アン
衣装:金森愛

「第1部」
3方向を暗幕に囲まれた舞台。黒い部屋。
無造作に置かれ転がされた5体の人形?マネキン?
ロボット?レプリカント?・・・・・・弱い光の中、肌色の
レオタードを着た女性ダンサーはピンク色の人工的な
肌を持つ無機物のように見える。
緊張させた腕や脚、身体。

黒いスーツ姿の男性ダンサーが、その<物質>を
運んだり、転がしたり、空中で回転させたり。
激しく動かしても<モノ>であり続けるそれらは、
男性ダンサーが暗幕の裏側に消えた途端、意思を
持っているかのように勝手に動き回るが、動きは
ぎこちなく滑らかではない。

「第2部」
同じ衣装で曲調も変わらずスタート。
途中で4人の女性ダンサーが衣装を変える。
上はチャイナドレス風で、下はチュチュ。
クラシック・バレエの振りで踊っているけれど、
スピードアップした動きで優雅さは感じない。
腕はバレエの基本、アン・バー、アン・オーの
ように自然なカーブを描いていない。

回線がショートしたロボットのように意味不明な
動きをするその<物体>を男性が押さえつける。
最後は、男性ダンサーも肌色ユニタード姿になり
女性と同じような不自然な動きをしている。
女性たちと重なるように動きを止めて終わる。

終了後に金森穣さんと男性ダンサー3人とのトーク
タイムが設けられ、次のような質問がされました。

「私は○○○○(名前失念)というアニメーション
映画を思い出しましたが、金森さんは何をイメージ
してこの作品を創りましたか?」

こういう「何に着想を得たか?」とも聞こえる質問は、
「自分の中からイメージが湧き出た」と言う金森さん
に失礼かもしれません。元になるものがある訳でなく、
自分の発想からこんな作品が出来ました、というのが
創作・振付なのだとか。実は私の頭の中にも大好きな
映画「ブレード・ランナー」の世界が広がってしまって
いたのですが……。

2019年の地球。人間ソックリで身体的に優れた人造人間が
生産され「レプリカント」と呼ばれていた。
感情を身につけ自分たちの存在に疑問を持ち始めた彼らは
反乱を起こすが……。レプリカントを見つけ出し処分する
のがブレード・ランナー。「命とは?」を考えさせる映画です。

映画は<人間>と<人間じゃないもの>の境目が見事に
演じられていましたが、この「NINA」ではダンサーの鍛え
抜かれた肉体や動きが<人間に見えるモノ>を表している
ように見えた訳です。曲も近未来、SF風に感じました。

強く印象に残ったのは、男性が横になった姿勢のまま床から
フワリと浮かび上がり他ダンサー二人の腕の中に収まる動き。
それが何度か繰り返されます。一体どんな技を使ったのか?

トークタイムでも語られましたが、男性が暗幕をくぐる時、
バサッと大きな音をたてるのが面白いと思いました。
ドアを開けて出入りするのをイメージしたらしいです。
白いオブジェや光を用いた小道具は目新しく感じず。

シンプルなのに単調ではなく、飽きさせず退屈させない。
コンテンポラリーダンスって難しくないよ、面白いよと、
あまりダンスを観ない人にも薦められる作品でした。
Noismの中でも一番の傑作らしいのですが、本当に
素晴らしい公演でした。
道内出身ダンサーが3人もいるのがまた嬉しかったです。

« ルルベ・ゴリ・バレエ団 | Main | 表紙の人 »

ダンス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39855/7652551

Listed below are links to weblogs that reference Noism05「NINA-物質化する生贄」:

« ルルベ・ゴリ・バレエ団 | Main | 表紙の人 »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ