« ラ・ピエトラ 愛を踊る女 | Main | 一青 窈「&」 »

年末年始に読んだ本

「夜のピクニック」(恩田陸著)と「窓」(乃南アサ著)の2冊。

どちらも主人公は女子高校生。
「夜の~」の方はクラスメイトに腹違いの兄弟がいて、自分は父親の浮気が
原因の子供という設定。
「窓」は聴覚障害を持つ女子高校生が、殺人事件の容疑者となった聴覚に
障害のある男子高校生と関わることで成長するという話。

両方とも面白く、スラスラと読んでしまった。
高校時代は帰宅部で、特に青春した記憶もない私だけれど、
「夜~」の主人公、貴子が言うようにきっとそれなりに青春していたんだろうなあ。
恩田陸さんって青春もの得意ですね。

「窓」のように、人と違うために自分の「窓」を自分で狭めてしまうような
精神状態はとても損だと思う。これは障害のあるなしは関係なく。

« ラ・ピエトラ 愛を踊る女 | Main | 一青 窈「&」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39855/8018682

Listed below are links to weblogs that reference 年末年始に読んだ本:

« ラ・ピエトラ 愛を踊る女 | Main | 一青 窈「&」 »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ