« Mr.&Mrs.スミス | Main | アロマテラピー »

THE 有頂天ホテル

監督:三谷幸喜
出演:役所広司、松たか子、香取慎吾ほか
2005年/日本

劇場鑑賞今年2本目に選んだのは、三谷幸喜監督の高級ホテルを
舞台にしたコメディ。
豪華な出演者と、あちこちにちりばめられた笑いに大満足です。
いいねえ、いいねえ、やっぱり三谷幸喜はいいですねえ。
印象に残ったのは、役所さん演じる副支配人、新堂さん。
西田敏行演じる演歌歌手、徳川善武。
オダギリジョー演じる筆耕係、右近。
それとアヒル。

別れた元妻の前で見栄をはる新堂さんに、私までいたたまれない
気持ちになってしまいました。見栄っ張りって、傍で観ていると
とっても恥ずかしい。私も気をつけなくちゃ、です。
三谷監督は、新堂を「日の名残り」のアンソニー・ホプキンスで
イメージしたらしいのだけど、どこがだよ!?ですよ。まったく。
大好きなんですよ。「日の名残り」。

リハーサルで頭真っ白になり立ちんぼうになってしまった気弱な
大物演歌歌手は「死にたい死にたい」と鬱状態なのですが、
笑いをとるために大げさに演出しているものの、
もしかするとステージに立つ前の舞台人は多かれ少なかれ、
失敗するかもという恐怖や不安を抱えているのでしょうか。

ピアニストなどの音楽家は極度のストレスやプレッシャーや
緊張と闘っているというのはどこかで知ったことだけど、
プロのダンサーにもそういう人いるのかも。
なんてことを考えてしまいました。

オダギリジョーが地味な仕事をコツコツとこなす人物を演じていて
意外でした。面白い配役ですよね。

凶暴アヒルも活躍?してました。神出鬼没。

|
|

« Mr.&Mrs.スミス | Main | アロマテラピー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

>ぽんさん

三谷作品を観る時は要チェックですね。
地味に目立つタイプかも。梶原さん。

>くろねこさん
コメントありがとうございます。
なるほどー。言われてみるとそうですね。
「メイド・イン・マンハッタン」
松たか子さん演じるハナさんと武藤田
というのがピンときませんでしたが……。

Posted by: Katze☆ | January 24, 2006 at 12:00 AM

私も観て来ました!
面白いですね。
さすが三谷監督。
でも、新堂はホプキンスにはち~~っともイメー
ジ合ってませんね(^^;
見栄張りっぷりは、かなり痛かったです。
アヒルや、幸運のマスコット、笑わせてくれました。
松たか子のあれは、「メイド・イン・マンハッタン」?(笑)
オダギリジョー、いい味出てましたね。
あの頭にはちょっと驚きましたが(笑)
唐沢さん、一瞬、分かりませんでした。

Posted by: くろねこ | January 23, 2006 at 07:51 AM

梶原さん 映画よりテレビのほうが
出番が多いような気がします。
「みんなのいえ」ではフィリピンパブ関係の
人だったかな。。
あと映画の「12人の優しい日本人」では
下町っぽくて すぐわーっとなるタイプの
人だったかな。。
舞台の「彦馬が行く」で
桂小五郎を演じていたのが
とってもチャーミングでした。

Posted by: ぽん | January 23, 2006 at 06:50 AM

梶原善さんって、三谷作品に多く出演している俳優さんなんですね。
「ラジオの時間」や「みんなの家」にも出演してたのですね。
テレビドラマの方をあまり観ていないせいか記憶にないですけど、
この映画では確かに不思議な存在感がありました。

Posted by: Katze☆ | January 22, 2006 at 07:32 PM

ぽんさん、こんばんは。
コメントありがとうございます~。
「日の名残り」是非ご覧になって下さいませ。
ホントにイイ映画ですから。
西田敏行の付き人(マネジャー?)役の方が
梶原善という人なのでしょうか?
初めて知った人物かも(汗)。

「グランドホテル」は未見なんですよ。
同じエピソードがあるのなら、頑張って
レンタルで探して観ようと思います。

Posted by: Katze☆ | January 22, 2006 at 07:25 PM

TBありがとうございました!
そうそう新堂のみえっぱりには
「おいおい。。」って
落ち着かない気分になりました。
「日の名残」モデルのはなしは知りませんでした。
「日の名残」まわりにほめる人いるのに
みてないのですよ。みたいですねー。

西田敏行と梶原善の関係も
こういうことありそう。。って思いました。
梶原善さんも若返られた感じだし。。
西田敏行に向かって思い切った演技。。
楽しめました。
あ!「グランドホテル」の方にも
よく考えたら 
西田敏行的エピソードあるんですよね。
グレタ・ガルボがそれをしていたのですが。。

Posted by: ぽん | January 22, 2006 at 10:26 AM

薄野の舞姫さん、こんばんは~。
コメントありがとうございます。
オダギリジョーさん、髪型や服装、役柄で全く
イメージが違ってましたね。ビックリしました。

>恐怖感や不安から逃れることができず
>いつも口から心臓が飛び出るくらい、緊張します。(汗)

舞台歴が長い舞姫さんも緊張しますか。
私は普段のレッスンでも緊張するので(汗)、
舞台に立つと一体どうなることやらです(汗)。

舞台度胸をつけるには、舞台に立つしかないのでしょうか。
一応2年後の発表会を目標に頑張っております(汗)。

Posted by: Katze☆ | January 20, 2006 at 10:13 PM

観に行ってきましたよ私も。
やっぱり三谷氏の作品は、楽しいですね。♪
なかでも、オダギリジョー氏の演じる
筆耕係さんが、すごいお気に入りでした。

>もしかするとステージに立つ前の舞台人は多かれ少なかれ、
失敗するかもという恐怖や不安を抱えているのでしょうか。

似たような話を、どこかで耳にしたことがあります。
どんなにベテランになっても、舞台の直前というのは
ものすごい緊張するものだそうです。
かく言う私も小心者で、何度舞台に立っても
恐怖感や不安から逃れることができず
いつも口から心臓が飛び出るくらい、緊張します。(汗)

Posted by: 薄野の舞姫 | January 20, 2006 at 01:50 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39855/8238662

Listed below are links to weblogs that reference THE 有頂天ホテル:

» THE有頂天ホテル [きれいになりたい!美肌追求中 -40代の挑戦-]
14日公開の「THE有頂天ホテル」。公式HPはhttp://www.uchoten.com/です。 ずっと楽しみにしてたので、公開日に早速観てきました。 久しぶりに楽しめる映画に出会えたって感じ♪ 監督、脚本が、「古畑任三郎」や「王様のレストラン」を書いた三谷幸喜。これだけでも「見逃し...... [Read More]

Tracked on January 20, 2006 at 06:18 PM

» 【映画】THE有頂天ホテル [Daily Momerath]
まっさらな気持ちでみたいからできるだけ宣伝をみないようにして、行くのを楽しみにし [Read More]

Tracked on January 22, 2006 at 09:25 AM

« Mr.&Mrs.スミス | Main | アロマテラピー »