« 岩田守弘さん | Main | 塗仏の宴 宴の支度 »

メゾン・ド・ヒミコ

監督:犬童一心
出演:柴咲コウ、オダギリジョー、田中泯
2005年/日本

今年4本目の映画鑑賞は「ミゾン・ド・ヒミコ」。
昨年観たいと思いつつ見逃していたのを、久しぶりの蠍座
観て来ました。「ジョゼと虎と魚たち」の脚本担当、渡辺あや
さんとのコンビ復活作品です。
いや~期待通りイイ映画でした。

舞踏家、田中泯さんが演じるのは、余命いくばくもないゲイ。
ゲイのための老人ホームのオーナー。恋人はオダギリジョー。
幼い頃に別れた娘さおりを柴咲コウがスッピンで演じている
ので話題になってましたよね。

特殊な設定のような気もするけれど、テーマは普遍的です。
人は誰でも、男も女もゲイも皆、年をとる。
皆同じく年を重ねていく訳だけれど、どう自分らしく生きるか等々。
自分らしく生きた責任をどう取るか。そんな感じかな~。
私の拙い文章だと、つまんない映画になってしまうなあ。
オダギリジョーもセクシーで良かったです。

sasoriza

蠍座からは毎月「蠍座通信」を
送っていただいた。昨今はほとんど足を運ばず、申し訳ないなあと思いつつ、
次郎さんの文章を読むのを楽しみに断りもせずにいたのだけれど、
新しい通信の「らいたあ独白」に以下のように書いてあった。

「ここ一ヶ年ほどきていただけてないと思える人には通信送付を
中止することにしました。」
経費がかかっているから、これは当然のことです。
でも、
「押しつけがましい宣伝活動とはこういうのをさしていう」
とまで書いてらっしゃる。
申し訳ないような、残念なような、これで良かったような
とっても複雑な気持ちになって帰宅しました。
今まで蠍座通信を送っていただき大変ありがとうございました。
ここでお礼の言葉を書いても仕方ないのだけれど・・・。

写真は、蠍座で飲んだほうじ茶と手作りお菓子。
蠍座で飲むお茶はヘタなカフェよりずっと美味しいです。

« 岩田守弘さん | Main | 塗仏の宴 宴の支度 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

薄野の舞姫さん、こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。

>隠れた名作を上映する劇場というイメージがあり>ますよね。

そういうイメージですよね。>蠍座
ロビーにはジャズが流れていて、ちょっと大人のムードですが、
なんと今ピンク映画を上映しているようです。
時々「あらま~!?」と思う映画がかかります。

>こんどぜひ私も、映画とお茶を楽しみに
>蠍座へ行く機会を作りたいと思います。(^^)

私も、もう少し行く回数を増やそうと思っております。
舞姫さんと接近遭遇があるかもしれませんね(^^)

Katze☆さん、こんばんゎ。(^o^)
蠍座ですか~。♪
隠れた名作を上映する劇場というイメージがありますよね。
もう何年も前ですが、1度だけ行ったことがあります。
観たのは確か、和泉雅子さんが若かった頃に出演された
モノクロの作品だったように記憶しています。

>蠍座で飲むお茶はヘタなカフェよりずっと美味しいです。

そうですか、Katze☆さんが仰るのなら
間違いないでしょう。
こんどぜひ私も、映画とお茶を楽しみに
蠍座へ行く機会を作りたいと思います。(^^)

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39855/8644209

Listed below are links to weblogs that reference メゾン・ド・ヒミコ:

« 岩田守弘さん | Main | 塗仏の宴 宴の支度 »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ