« 巷説百物語 | Main | プリマダム Lesson2 »

プロデューサーズ

監督:スーザン・ストローマン
出演:ネイサン・レイン、マシュー・ブロデリック、ユマ・サーマン、ウィル・フェレル
2005年/アメリカ

《ネタばれあります》
2回観て思ったこと。
長過ぎ!!
2時間14分より長く感じるぞ。
最悪の台本、ゲイの演出家、まともに英語を喋れない女優を
集め、一晩でコケるはずのミュージカルのはずが・・・・・・。
ということで、あの辺りで終わっていれば、拍手喝采お見事
とスッキリさっぱり終わっていたと思うんだけどな~。

大ヒットしたミュージカル映画「シカゴ」は、犯罪を犯した女性
二人が大活躍って話で私はあまり好きじゃない。
この映画も不正をはたらいた二人が罪に問われて・・・
という部分をくっつけるから長くなってしまうんだよね。
監獄で一人過去を振り返る場面なんて本当に必要なの?
と思ってしまった。

と不満を書いているけれど、ほぼ満足。
面白かった。笑えた~。
ヒトラーとドイツ人、ドイツ文化を笑っていたり、
アイルランド訛りやドイツ訛りをネタにしたり、
お下品な下ネタジョーク満載で、
ここで本当に笑っていいの?と悩んでしまう場面も。
引く人はおもいっきり引くかもね。

ミュージカル映画を観て、いつも思うこと。
会計帳簿棚が階段に変わり、上から美人ダンサーを
従えたレオ・ブルームが下りてくる場面があるんだけど、
なんで足元を見ないで平気なの?
誰かコケるんじゃないか、階段で転ぶと大怪我
と毎度ドキドキするんだよね。
「I wanna be a producer」は頭から離れません。

5月には「レント」が公開されるし、
劇団四季の「コーラスライン」も来るし、
ミュージカル尽くしで嬉しいこの頃。


« 巷説百物語 | Main | プリマダム Lesson2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

舞姫さん、こんばんは~。
いつもコメントありがとうございます。
舞姫さんもご覧になったのですね。
早速、感想を拝読しました。
私は2度とも本当のラストまで観ました。
トイレに行きたいのを我慢してたりする以外は、
場内が明るくなってから席を立つようにしているので。
終わったと思い出てしまった人は観ていないんですよね、
あのオマケのような最後の場面を。
クスリと笑いがこぼれるオマケでしたね。

Katze☆さん、こんばんゎ。(^o^)
観ましたよ私も『プロデューサーズ』♪
全般的には楽しんで鑑賞できたのですが
なかには、素直に笑えなかった場面や
少々引いてしまった場面なんかも、ありましたね。
会計帳簿棚から美人ダンサー達が
次から次へと出てくる場面は
私的には、けっこうツボでした。(^^ゞ
ところで、スタッフロールがすべて終わるまで
ごらんになられましたか?
ネタばれ的な話で恐縮なのですが
いちばん最後の最後に
面白い場面があるんですよね。むふ。♪

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39855/9659945

Listed below are links to weblogs that reference プロデューサーズ:

« 巷説百物語 | Main | プリマダム Lesson2 »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ