« ダ・ヴィンチ・コード | Main | 敷居が高い?やる気の問題? »

博士の愛した数式

監督:小泉堯史
出演:寺尾聰、深津絵里、吉岡秀隆ほか
2006年/日本

シングルマザーの杏子(深津絵里)は、80分しか
記憶が持たない記憶障害を負った数学博士の家で、
家政婦として働き始めます。
ある日、彼女に10歳の息子がいることを知った博士は、
家へ連れてくるように告げます。

博士と杏子、息子のルートとの心の交流を描いた感動作。
原作は、第一回本屋大賞に輝いた小川洋子の同名小説。
珍しく原作を読んでから映画を観ました。
レンタルDVDです。
号泣した原作は、映画になると意外とさっぱり。
コミュニケーションが難しい博士も、映画ではそれを
あまり感じさせません。

やはり映画は原作を超えられないと思ってしまったのだけど、
映画は美しい映像を見ることが出来る訳で……。

監督は、「雨あがる」「阿弥陀堂だより」の小泉堯史です。
どちらも未見だけど、美しい風景がこの監督作品には
付き物なのかもしれません。
公開時の評判は映像や風景の美しさだったような。

今作も、ずーっと鳴いているうぐいすの声、
教室から見える海の映像などが心に沁みます。

またこの監督作品には欠かせない存在のような寺尾聰も
難しい役を好演していたと思います。いい味、出てました。

「永遠の真実は目に見えないんだよ」
という台詞が気に入りました。

映画とは話が離れますが、実家の近くの鉄道林で
この真夏に、うぐいすが鳴いているんです~。
春からずっと鳴いているらしいのだけれど、
うぐいすって移動しないの?
いや~驚いた!


|
|

« ダ・ヴィンチ・コード | Main | 敷居が高い?やる気の問題? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39855/10957435

Listed below are links to weblogs that reference 博士の愛した数式:

» 博士の愛した数式 [今の所無題]
私は数学が大の苦手である。今は学生ではないので数学の勉強をする事はまずないが、小学高高学年くらいから徐々に難しい公式がでてきて、一度つまずいたら最後、そこからもう、中学、高校と数学は自分にはできないものと諦めていた。 実は私は意外にも、中学までは勉強をそこそこしていればどの教科も良い点数を取っていた。数学以外はね。数学だけはカミングアウトしてしまうと、常に点数が20点前後だった。高校入試は数学以外で点を稼ぐ�... [Read More]

Tracked on July 17, 2006 at 11:34 PM

« ダ・ヴィンチ・コード | Main | 敷居が高い?やる気の問題? »