« ウニ丼と開次さん | Main | VAAM(ヴァーム)効果 »

ALWAYS 3丁目の夕日

監督:山崎貴
出演:吉岡秀隆、堤真一、薬師丸ひろ子、堀北真希、小雪
2005年/日本

号泣~。泣けた~。瞼、腫れた。
ノスタルジックな温かい映画でした。
ちょっと長く感じるけれども、この味わいを出すには、
どこもカットする訳にいきませんよね。

あそこは要らないんじゃない、ここを削れるかも。
2度目は、そんなことを考えながら観たのだけれど、
やっぱりどこも外せない~。

鈴木オート社長の怒りっぷり。
そんなダンナの舵を上手にとる奥さん。
タバコ屋のバアチャンとのキワドイ会話。
六ちゃんの特技とシュークリーム。
茶川先生とひろみさんのエピソード。
淳之介くんとお母ちゃんの話。

長屋が舞台の映画みたい。
そう、この映画は長屋の人情話なのです。
是枝裕和監督作「花よりもなお」のような。
ちょっと範囲が広がって、町内会になったけど。
一つ一つのエピソードと登場人物の個性が相俟って、
この可笑しさや懐かしさになっているんだよね。

通りすがりの街の人も、よくよく見ると笑えたり、
シュークリームの場面で蠅が飛んだり、芸が細かいの。
コミックが原作らしいのだけれど、
この映画に漂う空気は原作通りなのでしょうか?
久しぶりに心から満足しました。

近所のお店でDVDレンタルが出来るようになって、
週末は家で映画の日々。幸せ。


|
|

« ウニ丼と開次さん | Main | VAAM(ヴァーム)効果 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39855/11070311

Listed below are links to weblogs that reference ALWAYS 3丁目の夕日:

» 三丁目の夕日 [日々のキリトリ帳]
息子が、「マトリックスが見たい」と言い出したので、久しぶりに近所のレンタルビデ [Read More]

Tracked on July 26, 2006 at 08:19 AM

« ウニ丼と開次さん | Main | VAAM(ヴァーム)効果 »