« September 2006 | Main | November 2006 »

October 2006

iPod nano イイ!

iTunesカードで曲を買えたことに満足して放置していた
iPod nanoですが、USB2.0インターフェースカードを購入し、
無事に曲を聴くことが出来ました。
パソコンで新しいことをしようと思うと気合を入れなくちゃダメ
なのよ~。インストールなどは全然難しくないんだけど。

で、USB2.0インターフェースカード。
USB給電ケーブル付属の方が安心かと思い3,480円のを
買ったんだけど、2,980円のケーブル無しの方で十分みたい。
ウチには買ったけど使わなかったケーブル類が増えていく~。
無線LANで同期できるスピーカーなんてものが発売されている
ことも今日、知りました。
クリスマスにはiPod用スピーカーを自分用のプレゼントにしよう
と思っていたので、ありゃ!って感じ。
知識が乏しいとなんだか無駄な出費が多いよ……。

Me&You (Iceman&Cassie)
Love (Keyshia Cole)
Shape of My Heart (Sting)

3曲追加して全部で9曲。
500曲も入るらしいので、まだまだ余裕ですね。凄い。
iPod で英会話って案は今のところ保留してます。


| | Comments (0) | TrackBack (1)
|

祝!日本一

北海道日本ハムファイターズが
北海道で日本一を決めてくれました~~。
やったー!!おめでとうございます。
ウルウルしてる新庄選手、可愛かったですね。

ダンスと映画にしか興味がない訳じゃないですよ。
一応観てましたよ、私も。
たまに観ると面白いのよ。野球も。
昔は広島カープのファンだったし。
スコアブックつけてたこともあるし。
でも……長いんだよね、試合が。
6時から中継が始まって終わったら9時半。
先日なんて10時だったし。
野球観てたら他に何も出来ないって感じ。

野球ファンでサッカーも好きでラグビーも観る。
録画してまで観る。
ビール片手に観る。
そういう人と生活した反動かもしれない。
私が野球やサッカーにあまり興味を覚えなく
なってしまったのは……。

な~んてことは関係なく、嬉しいです。
日本ハム日本一!!
来年は札幌ドームで応援してみたいな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

二股

介護の実習で伺ったお宅で飼っている猫は、
なんと!尻尾が二股らしい・・・・・・。
そのくらい年とってるって意味です。
猫は長生きすると猫又という妖怪になるらしいのね。

実習の邪魔になるからと、2階へ追いやられていた
ので会えなかった。残念~~。
居間のドアをすーっと開けて入ってこないかなあ
と密かに期待したんだけど。


| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

四日間の奇蹟

浅倉卓弥著(宝島社)

「このミステリーがすごい!」の第1回大賞・金賞受賞作。
石田ゆり子さん主演で映画化もされていますが未見です。

古本屋でたまたま手に取り買った本を内容を知らぬまま
読み進むうち、驚いてしまいました。
奇蹟が起こる舞台となっているのが、奇しくも脳の病気や
障害で身体が不自由になった人と介護者とが共同生活を
営むグループホームのような場所だったからです。
今の自分にとって、なんてタイムリーな本なんでしょ。

脳に障害があるために言葉が上手く喋れない少女と、
左薬指を怪我したことで道を閉ざされた青年ピアニスト。
その施設で働く真理子という女性。
彼らがそこで体験した4日間の出来事。

植物状態の奥さんを介護する医師が登場します。
「己の快だけを追求しないこと。それが一番人間らしい
生き方ではないのか」と語るのだけど、
この本のテーマはこれかなあ、と思いました。

「あたしたちの労働条件は考えられないくらい劣悪だ。」
「お金なんて使うはずもないのに、貯金も全然たまらない」
真理子さんが語っていることです。

以前TVで観たグループホームで働く青年も同じ内容の
ことを語っていました。
「食べなければやっていけるけれど、貯金は貯まらないし
このままでは結婚も出来ない。養っていけない。」
そう言って、夕食かビールのどちらか一方を我慢する青年。

自分の親の介護は出来ても、他人の介護は私には無理!
と思っている時に、なんなんでしょ?
タイムリー過ぎるような気もしますが・・・・・・。うーむ。
小説のラストはとても美しく、映画もDVDレンタルして
絶対観ようと思います。


| | Comments (0) | TrackBack (1)
|

曲、買えた!

サポートセンターとメールを何度かやりとり、
FAXでミュージックカードのコピーを送ったりして、
ようやっと今日、iTunesミュージックストアから
曲を買うことが出来ました~^^。
とりあえず6曲購入。

1.So Sick (Ne-Yo)
2.Call on Me (Janet Jackson & Nelly)
3.So Excited  (Janet Jackson)
4.Be Without You (Mary.J.Blige)
5.Family Affair (Mary.J.Blige)
6.Pullin' Me Back (Chingy & Tyrese)

聴きたい曲がなかなか見つからないけど、
やっぱりイイです。
家にいながらにして購入出来るって。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

明日の記憶

荻原浩著(光文社)
やっと図書館で借りて読むことが出来ました。

50歳になったばかりの佐伯は、歳のせいで物忘れが
酷くなったと思っていたところ若年性アルツハイマーと
診断されるのだった。

今日のニュースに、高齢者の運転免許証更新時に
認知症検査が行われることになった云々というのが
あったけれど、まさにその検査を佐伯は受けている。
歳や今日の日付けと曜日、三つの単語を覚えたり、
簡単な足し算、引き算。

私もダンスのレッスンで突然頭の中が真っ白になり、
直前に出来ていたはずの振りがどーしても思い出せない
ってことがたまにあって、そういう時は本当に頭の中に
白い霧がかかった状態だから、とても他人事じゃないー。
恐れ慄きながら読みました。

アルツハイマーに罹ると、昔の記憶よりも短期記憶、
直前の記憶が失われるらしいんだよね。
他の症状もなんだか似てる気がする。
夜なかなか寝付けないとか、めまいがするとか。
私は貧血のせい、貧血のせい~と言い訳してるけど、
明日は我が身?

いろんな人の顔と名前を思い浮かべて確認したり、
途中まで読んだページ数を記憶したりして、
自分は違うと否定するのに必死です。自問自答。
・・・・・・佐伯さんと同じことしてる。

介護の授業で、この小説を紹介する先生がいたんだけど、
佐伯氏を介護する大変さ辛さなどは書かれていません。
まだそこまで病状が進んでいないので。

記憶が失われていく恐怖だね~、やはり。
アルツハイマーは脳が冒され死に至る病なので、
死への恐怖も付いてくる。

佐伯氏は趣味が陶芸で、なかなかの腕前。
今まで出来ていた日常のことが出来なくなっても、
会社勤めが無理でも、土をこね、器を作ることを
身体が腕が覚えている。
彼が<彼>であることを証明するかのように。

それが読んでいて救われるというか、ホッとするところ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

iPod nano 後日談

USB2.0インターフェースとかいうものが存在するらしく、
iPod nanoへの転送が速くなり、せっかく手に入れた
iPod nanoを使えるようになるかもしれません。

とりあえずiTunesカードだけ購入して曲をダウンロード
しようとしたところで、今度はエラーで受け付けてくれない。
何なんだー?
コードの読み間違いかと思って、こすり過ぎて、
ますます分からなくなってしまったよ~。
只今、サポートセンターに問い合わせ中。
なんだかんだとややこしいよ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

46億年の恋

13日までなので急いで観てきました。
本館の「DanceMovie!」の方に感想をアップしました。
金森穣さんのダンスについての感想を読みたいと検索
するのだけれど、あまりいないんだよね。書いてる人。

松田龍平と安藤政信ファンっぽい人ばかりだったし。
金森さんのダンスを観るだけでも価値ある映画でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

「なかよし小鳩組」と「母恋旅烏」

荻原浩

「なかよし小鳩組」
デビュー作「オロロ畑でつかまえて」の続編になる作品。
倒産寸前の広告代理店と、その社員たちが登場。
今回の仕事は、ヤクザ小鳩組のイメージアップ戦略だった。
荻原作品にはヤクザがよく登場しますが、そっち方面にも
相当詳しいのでしょうか?あまり関わりたくない業界です
が、広告業界出身だと詳しくなるの?

ラストが何故かマラソン大会。
荻原さんの発想って凄い面白いと思う!
ヤクザとマラソン、不釣合いな組み合わせだよね~。

「母恋旅烏」
元は大衆演劇の役者一家の花菱家。
レンタル家族業で食べていたけれど、借金もかさむし、
再び旅回り一座に戻ることになる。
情けない父親と家族を見守る<ぼく>の視点で書かれて
いるのが笑えるし泣けるし。
昔、レジャー施設などで見たことあるので懐かしかった。
今でも存在するのであろうか?>旅回り一座

芝居の舞台裏を覗いた気分になれて興味深かったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

フラガール

『バックダンサーズ』とどちらを観ようか迷った末、
絶賛の嵐の『フラガール』を観てきました。

昭和40年の炭鉱町、福島県いわき市。
炭坑の閉鎖が迫り、2千人の炭坑夫が職を失う寸前だった。
温泉を利用したハワイアンセンターを建てる話が持ち上がる
ものの、建設に反対する人が圧倒的多数。
東京からフラダンスを教えに来た先生はヨソ者で風当たりが
強かったり、肌を露出するのがイカンと大反対の親がいたり。
果たしてハワイアンセンターの運命は?
フラガールたちは初舞台を踏むことが出来るのか?

実話を元にした映画で、常磐ハワイアンセンターは今でも存在
するから凄いです。現在はスパリゾートハワイアンズですって。
昔むか~し「茨戸ハワイランド」というレジャー施設が札幌郊外
にもありましたっけ。フラダンスショーもあったのかな?
東北の田舎に何故ハワイ?
でもそれを言うと札幌に「ハワイ」って、もっと不思議かも。

西の宝塚、東のSKD。
「SKDで踊っていた私が、なんでこんな田舎でド素人相手
にダンスを教えなきゃいけないのよ!」とプライドは高いが
多額の借金を背負い、お金のために福島くんだりまで来た、
酒に溺れている先生役を松雪泰子が好演してました。

身体の硬い生徒4人に吐く辛辣な台詞。
「あんたたちには一生踊れっこないわよ!」
そんな先生に反発し、紀美子が先生に言う言葉もまた厳しい。
そこまで言わなくても……。

ある出来事をきっかけに、先生と生徒の間に絆や信頼関係が
生まれ確固としたものになっていきます。
先生への想いを身体言語であるフラダンスの手の振りで表現
しているのがイイです~。言葉以上に伝わる気持ち。
信頼関係を築くって難しいけど大事よね(しみじみ)。

自分の境遇を少しでも良い方へ変えるため、ダンサーに応募
することを決心した早苗が紀美子を誘う台詞が笑えます。
「フラダンスなんて踊れないよ」と紀美子。
「基本は盆踊りと同じだべ」
ジャズダンスも盆踊りと同じだったらいいかも。

映画の中では3ヶ月後に初舞台の設定でしたが、
松雪泰子、蒼井優ほか女優陣は本当に3ヶ月の猛特訓を
重ねたらしく、ラストのショーは圧巻でした。
全員とても魅力的です。
バレエ経験のある蒼井優はやはり別格かも。
素晴らしかったように思いました。

趣味で踊るのではなく、生活や将来や家族のために
踊っている彼女たち。
だから、こんなに感動するのかもしれません。

| | Comments (8) | TrackBack (2)
|

iPod その後

iPodを手にしてから3日。
今頃は快適な音楽ライフを満喫しているはずが……。
よもや私のパソコンでiPodが使えないとは、チラとも思わず。

まさかUSBポートが条件に合っていないなんて。
く、悔しい~~。
5年前のパソコンって古いんだね(涙)。
iPodが使えないからとパソコンを買い替える訳にいかず・・・・・・。
USB1.1を2.0にする方法ってないの?
将来パソコンを買い換えて、めでたくiPodを使える日まで
大事に保管するしかないの(涙)?

いやしかし、17000円以上払って買っていたなら
ショックはもっと大きかったはず。オマケで良かったよ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« September 2006 | Main | November 2006 »