« 修了式 | Main | 領収書 »

ウィンター・ソング

監督:ピーター・チャン
出演:金城武、ジョウ・シュン、ジャッキー・チュン
2005年/香港

ミュージカル・シーンがあるというので観てきました。
全く予定に入れてなかったんだけど、急遽。

映画監督を目指す見東(金城武)と女優を夢見る孫納(ジョウ・シュン)。
冬の北京。雪の降る朝、孫納は夢を叶えるために愛を捨てた。

それから10年────。
映画俳優になった見東と女優の夢を実現した孫納は、
上海でミュージカル映画の共演者として再会を果たす。
愛が甦るようなラブ・ストーリーを演じ、抱きしめ合う二人。
10年間、孫納を想い続けた見東の愛は、映画の物語と
平行して、彼女の心を揺り動かすが、孫納と交際中の
監督の愛も絡み…・・・。

思い出のシーン、撮影中の映画のシーン、現実のシーンが
複雑に交差するので、分かり難いこと!
・・・だけど許します。

華麗な群舞。
魅惑的なサーカス。
惚れ惚れするほど美しい映像。
これだけ揃えば、私は満足かな。
『オペラ座の怪人』や『ムーラン・ルージュ』のような雰囲気
のミュージカル・シーン、良かったです。
ダンスは、インド映画界で今もっとも才能ある振付師として
活躍しているファラー・カーンが振付。伝統的なインド舞踏
にモダンな味付けをしているのが特徴とのこと。

私は夏の北京しか知らないのだけれど、凍てつく北京の
街がとても美しく魅力的に見えました。
撮影の力って凄いです。

久しぶりの金城武とベリーショートヘアが似合うジョウ・シュン
この二人がまた絵になるんだよね~!
ピーター・チャン監督作品は『君さえいれば 金枝玉葉』が
大好きなんだけど、出演女優がキュートでちょっと少年ぽい
のが特徴かなと思ったりしました。


|
|

« 修了式 | Main | 領収書 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

あかん隊さん、こちらもコメント
ありがとうございます。
インドでインド映画を観ておられるなんて、
かなり羨ましいです。
映画上映中、観客は踊っていたのでしょうか?
『エターナル・サンシャイン』っぽい映像も
ありましたね。
結構いろんな映画を思い出しました。

Posted by: Katze☆ | December 17, 2006 at 06:56 PM

記事を見かけたので、こちらにTBを。
>だけど許します。
はい。そんな感じの映画でした。(^^;)
インドに行った時にも現地で映画を観ましたが、インド映画の踊って歌って…は、すばらしかったです。『オペラ座の怪人』『ムーラン・ルージュ』の雰囲気や『エターナル・サンシャイン』の映像が思い浮かびました。不思議な映画でした。

Posted by: あかん隊 | December 16, 2006 at 09:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39855/12870231

Listed below are links to weblogs that reference ウィンター・ソング:

» ウィンター・ソング(20061112) [cococo]
中国語が、少しもわからないので、字幕に頼るしかなく、それがこんなにもどかしいと [Read More]

Tracked on December 16, 2006 at 09:03 PM

« 修了式 | Main | 領収書 »