« 灰谷健次郎さん死去 | Main | 修了式 »

ナイロビの蜂

監督:フェルナンド・メイレレス
出演:レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ
2005年/イギリス・アメリカ
Nairobi_1


社会派サスペンス問題作のようであり、
夫婦の愛情がキメ細かく描かれている、
とても心に残る感動作でした。
超大国や大製薬会社がアフリカの人々を
食いモノにし、命が安く見られている事実(?)。
企業と癒着し金儲けしている権力者など実在しそうです。
『ホテル・ルワンダ』と同じく実話を基にしているのかな?

舞台は、アフリカのケニア。
アフリカ最大のスラム、キベラで撮影が行われていて、
リアルで大変迫力がありました。

「仕事を辞めたら私は無意味な存在になる」という妻テッサ。
事なかれ主義で見て見ぬ振り、園芸が趣味の夫ジャスティン。
日本に多い夫と妻の関係と真逆だなあ、と思ったりして。

強く行動的な妻のことを、妻の思いを夫ジャスティンが本当に
理解できたのが、妻の死後だというのが悲しいけれど、
ラストは少しだけ二人の思いが報われたように思いました。

だけども現実は、そう巧くいかないんだろうな
と悲観的な私は思うんだけど。
死んでも墓もない人々や殺されても自殺にされる死などなど。
そんなことは世界中に当たり前に転がっているような気がする。

ジャスティンじゃないけど、趣味に没頭して世の中の嫌なこと
から逃避しているほうが楽だよね。

« 灰谷健次郎さん死去 | Main | 修了式 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39855/12830215

Listed below are links to weblogs that reference ナイロビの蜂:

» ナイロビの蜂 [あのね・・・]
久々の映画鑑賞はコレ。妊娠中だったレイチェル・ワイズが妊婦姿の体当たり演技でア [Read More]

» 『ナイロビの蜂』’05・英 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
あらすじアフリカのナイロビで、イギリスの外交官として働くジャスティン(レイフ・ファインズ)は、ある日、救援活動家の美しい妻テッサ(レイチェル・ワイズ)を殺されてしまう。失意の中、ジャスティンは、妻の殺人の真相を探るが・・・。感想アカデミー賞助演女優賞(...... [Read More]

« 灰谷健次郎さん死去 | Main | 修了式 »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ