« iPod nano イイ! | Main | 食欲の秋 »

「クラッシュ」と「ブロークバック・マウンテン」

第78回のアカデミー賞作品賞を競った2作品。
「クラッシュ」と「ブロークバック・マウンテン」を立て続けに
観ました。「クラッシュ」が作品賞となったことに私も納得です。
「クラッシュ」の方が衝撃度が大きく、観た後に複雑な余韻が
残り、感想を書くのも難しい映画でした。


【ネタばれあります】

男同士の純愛を描いた「ブロークバック~」は映像が美しく
素晴らしい映画だけれど、過去に観た感じ。
私は「マディソン郡の橋」を思い出してしまいました。
主婦の四日間の純愛、男同士の長きに渡る愛。
どちらも保守的な町、バレると世間の目が冷たい、その町に
住めなくなるかもしれない、結果的に二人の愛は成就しない、
大切にしまっていた記念の品などなど、背景やストーリーが
似ているように思います。
そしてどちらも簡単に言うと<不倫>なんです!!
配偶者も家族もいるのに……ってやつです。

<愛は永遠ではない>のは多分、男同士でも同じ。
結ばれなかったから美しく切ない。
でも悲劇なのは「ブロークバック~」。

自分らしく自分の気持ちに正直に生きようとしたジャック。
イニスがジャックの死の意味を推し量るのだけれど、
あれは正解でしょうか?
事故だったという説明でしたが、私はイニスの想像が
当たっているような気がしました。
子供の頃に見たことと、ジャックの死がかぶってしまった
というのも十分考えられますが……。

離婚し一人になった孤独感漂うイニスに比べ、
ジャックは結構要領よく生きているように見えました。
イニスへの思いを心の片隅に押し込めたまま。
だけど待っているのが<死>だなんて。
自分の思いのままに生きようとした報いが<死>だとは。
それが恐ろしく、アメリカらしい気がしました。
結果的に作品賞を逃したのも納得のような……。


|
|

« iPod nano イイ! | Main | 食欲の秋 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39855/12540822

Listed below are links to weblogs that reference 「クラッシュ」と「ブロークバック・マウンテン」:

« iPod nano イイ! | Main | 食欲の秋 »