« ウィンター・ソング | Main | 顛末 »

領収書

<領収書>というものは、現金と引き換えに渡したり
貰ったりするものだと私は思っていたのだけれど、
「後ほどお持ちします」や
「後日郵送します」ということも、あり得るのだろうか?

今日、実家に行くと、
父がひと月も前に不動産物件に掛けた火災保険の
証書が届かないと心配していた。
契約は支店だけれど、証書は本店から郵送されると
いうので、事務処理が遅れていれば、そういうことも
あるだろうと思った。

しかし、しか~しである。
よくよく聞くと、担当者に十数万円の現金を払い、
契約書の控えやコピーは貰っていず、
さらに驚いたことには領収書も貰わなかったと言うのだ。

その日、担当者が領収書を持ってくるのを忘れたと言うので、
名刺の裏に金額を書き、印鑑を押してもらったらしい。
「だから大丈夫!1年以上の付き合いだし信頼してるから!」
という両親。

私はビックリ仰天!
果たして、名刺の裏に印鑑で預り証のような効力があるのか?
領収書を忘れたなら、市内なんだから車で取りに戻れば済む
ことじゃないのか。
両親もなぜ、「じゃ明日また来てください」と言えないのか。

暢気というか何と言うか……。
私は呆れてしまったのだけど、もしかするとそういう
営業マンも世の中ちゃんと通用するものなのだろうか?

どんなもんなんでしょ?
そういうことに疎いので、よく分からないけど。
でもさ、後で心配になるくらいなら最初から領収書と引き換えに
お金を払えば、精神衛生上も良いと思うんだよね。

« ウィンター・ソング | Main | 顛末 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39855/12934089

Listed below are links to weblogs that reference 領収書:

« ウィンター・ソング | Main | 顛末 »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ