« 今日の話題 | Main | 硫黄島からの手紙(続き) »

硫黄島からの手紙

高齢の父が珍しく映画館で観たいと足を運んだ作品
『硫黄島からの手紙』を私も観てきました。
父と少しでも共通の話題を持ちたいと思ったから。
『父親たちの星条旗』は未見です。


---------------ネタバレあります-----------

私はこの映画を観て、沖縄戦のことをいろいろと思い出しました。
沖縄戦も硫黄島も同じくらい知識が不足しているんですけど。

洞窟での自決シーン、火炎放射器で焼かれるシーン、
刀で切り殺されそうになるシーン等々。
沖縄戦について語られる時、しばしば取り上げられることでは
ないかと思いました。
あの有名な<白旗の少女>も沖縄戦だったと記憶してますが、
この映画では、「2名が助かるのね」と安堵したのも束の間、
アメリカ兵に殺されてしまいショックでした。
『父親達の星条旗』では、星条旗は実は2本目だったという
事実、その写真が利用されたことを描いているらしいのだけど、
この白旗の少女も本当は生かされてはいないのではないかと
疑念がふつふつ……。
で、調べてみましたが、ちゃんと生存していたのですね。

アメリカ在住中の栗林にアメリカ軍人の妻が「もしアメリカと
日本が戦争になったら」という質問をし、「信念に従う」と答えた
栗林に「それは国の信念か?自分の信念か?」と問うシーン。
日本兵に傷の手当てをされるアメリカ兵が持っていた母親から
の手紙に「正義も最後まで貫けば、正義になる」というような
文章が書かれているシーン。

これら2点が、私には引っかかっています。
どういう意図で監督はこの台詞を入れたのだろうと……。

<続く>


|
|

« 今日の話題 | Main | 硫黄島からの手紙(続き) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

あかん隊さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
父の感想は……まあ、良かったという簡単な
ものでした。栗林中将のことは大変誉めてました。
気持ちを言葉にするのが苦手な人なので、
これ以上は語れそうにありません^^;
『父親たちの星条旗』も見なくちゃ片手落ちだよ
と薦めていますが、たぶんDVDで観ることに
なると思います。

Posted by: Katze☆ | December 26, 2006 at 08:59 PM

伺うのが遅くなって、ごめんなさい。
TBとコメントをありがとうございます。
お父様の感想、お訊きになりましたか?
私も、実家の父と観たいですが、離れているし、身体が不自由なので無理かも。そのうち、DVDになれば…と思っています。とても意味深い映画ですね。感想は、難しいです。ゆっくり考えなくちゃ。

Posted by: あかん隊 | December 25, 2006 at 08:47 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39855/13153153

Listed below are links to weblogs that reference 硫黄島からの手紙:

» 硫黄島からの手紙(20061210) [cococo]
スローモーションで、舞い落ちてくるような、たくさんの手紙や葉書。最後のシーンで涙 [Read More]

Tracked on December 25, 2006 at 08:47 AM

« 今日の話題 | Main | 硫黄島からの手紙(続き) »