« December 2006 | Main | February 2007 »

January 2007

麦輪小樽とB&B

どちらもベーグルのお店です。
今月札幌駅にオープンした麦輪小樽で買った
ベーグルが美味しくってハマりました。
ベーグルって硬いパンのイメージがあって、
あまり食べたいと思わなかったんだけど、
ここのベーグルは違いました~。

今日は、大丸に入っているB&Bと食べ比べ。
やっぱり美味しかった。
私は一体どこで食べたベーグルの記憶が
残っていたのでしょうか。

B&Bの方が種類が豊富だし、
小さいサイズもあって嬉しいです。
「豆乳と枝豆」「ココアホワイトチョコ」ほか数種類を
買って来ましたが、ベーグルは冷凍保存で1ヶ月は
美味しくいただけるのが良いです。
朝はベーグルと野菜スープにしようかな。

腹持ちするのでダイエットにも良いらしいです。
ん?これはどこから仕入れた情報だっけ?
「あるある……」ではなかったと思いますが……。

| | Comments (0)
|

世界のやまちゃん---味噌串かつ

昨日ダンスのレッスンの後、待ち合わせて
久しぶりに飲みに行きました。
お洒落で料理も美味しくて、あまり外を歩かなくてもいい
お店をネットで調べて準備万端のつもりだったのだけど。

計画通りにいかないもんだわね~。
相方は情報誌の切り抜きを持ってきたので、
写真はとても美味しそうだったので、
そっちにしようということになり、住所と地図を頼りに
彷徨うこと数分。

・・・・見つからない。

昨日は冷え込みも厳しく、
あっさりと「もう、ここでいいんじゃない!」と
目に入ったお店に飛び込んだ。

それが、世界のやまちゃんという
名古屋料理が売りのお店でした。
どこからどう見てもお洒落ではないし、
厨房の中で従業員が奇声を発している。
デートで彼女を連れて行くと引かれること間違いなしだわね。
若い女性二人連れはいたけどね。
おばさん二人連れは、次のお店ではちょっとお洒落に
飲もうということで落ち着きオッケーでしたが、
デートで女性を満足させねばならない男性の大変さ
参加者全員に文句を言われないように気を遣う幹事さん
の苦労について語り合いました。

味は、まあまあでしたよ。
手羽先、食べなかったのがちょっと心残り。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

「春の祭典」と「マイ・フェア・レディ」

3月にパリ・オペラ座やドイツ・ハンブルク、ドレスデンバレエの
トップダンサーが共演する「春の祭典」
5月に東宝ミュージカル「マイ・フェア・レディ」
どちらもS席で観るとチケット代が1万9千円。
「春の祭典」は某スタジオで1割引になるらしい。
だけど、自分で席は選べないのよね。

「マイ・フェア・レディ」は今日一般発売。
ネット購入などはせず、座席表で選ばせてくれる
プレイガイドに行くつもりですが、
すでに先行発売が終わっているし、
果たして良い席がとれるでしょうか。

それにしても高いね。>チケット代
東京まで観に行くことを思えば、安いんだけど。
以前読んだ米原万理さんの著作に、
「プラハから日本に戻り何が悲しかったかというと、
文化芸術を楽しむために凄くお金がかかることだ」
というようなことが書いてあったけれど、
本当にその通りだと思う。

誰でもが気軽にバレエやミュージカルを劇場で
楽しめるようにならないものでしょうか。
このチケット代で映画だと何本見れるかを思うと
ちょっと二の足を踏んでしまうのでした。

まあ、映画はDVDでいくらでも観ることが出来るしね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)
|

邪魅の雫

京極夏彦著(講談社)

ようやく読み終わりました。
途中いろんな本に寄り道してました。
ラストまで読んでも、分かったような分からなかった
ような……。スッキリしない読後感。

関口、益田、江藤、大鷹と主要な人物がなんだか
ハッキリしない人たちだからでしょうか。
殺しの動機もまたよく分からない。
で、最後の最後、黒幕(?)っぽい人の気持ちも
理解不能。
結局、殺人の「動機」なんてものは、明瞭に説明
出来るものではないんだろうな。
「これこれこういう動機で殺しました。」
「こういう理由でヤリました。」
って風にハッキリ言えないものなんだろうね。
そこに雫があったから……。

言葉にすると、どんどん本質というか自分の気持ち
から遠くなっていくのは分かります。

煮え切らない気分というか、どっちつかずと
言おうか、白黒つけられない状態というべきか、
この雰囲気は理解できるような気がします。
「世間」と「社会」の違いは興味深かったです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

咳が~

年末に風邪をひき37度8分の熱で2日間ダウン。
その時すぐに病院に行けば良かったものを、
病院代をケチった訳じゃないんだけれど、
寝てれば治ると行かなかった。
結果、咳。
いまだにゲホゲホやっている(涙)。

お正月に家でじっとしてるのがイヤで、
初詣でに行ったり、初売りに行ったりしたせいも
あるでしょう、多分(汗)。
やっぱり市販の薬だと効かない~。
今更、病院に行くのも何だかな~。
完全にタイミングを逃したわ。

最近、給食費の未払いや治療費の未払い問題を
よく耳にするけど、払えるのに払わない人も多い
んだってね。
家族で海外旅行はするけど、給食費は払わない。
高級外車は乗るけど、治療費は払わない。
どういうつもりなんでしょうね~。そういう人達。
あと腹立つのが、集合住宅の管理費を払わない人。
どんどん未払いが増えていったら、将来どうなるの?

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

007 カジノ・ロワイヤル

監督:マーティン・キャンベル
出演:ダニエル・クレイグ、エヴァ・グリーン
イギリス・アメリカ

今年最初の映画は『007カジノ・ロワイヤル』。
昨年末に映画オフ会で観る予定でしたが欠席した為、
延び延びになっていました。
なんとなく新年一本目にピッタリかなと。

007シリーズはちゃんと観た記憶がないので特に
思い入れもなく、ジェームズ・ボンドがどういう人で、
このシリーズの醍醐味は何なのかは知りません。

アクションてんこ盛りで、舞台がプラハからバハマ、
ヴェニスと次々と変わるのが楽しめました。
カジノのシーンは、ポーカーのルールを知っていれば
もっとハラハラドキドキしただろうなと残念でしたが、
美男美女がきちんと正装していて豪華なのが良し。

ジェームズ・ボンドが監視役の美女と恋に落ち、
いきなり辞表を提出したり、毒を盛られて死にそうに
なったり、信用していた人に裏切られたりするのが
初々しい(?)本作。
今後どのように成長し、非情で優秀な諜報員となって
いるのか、シリーズを最初から観てみようと思いました。
21作もあるから、しばらく楽しめますね。

白眉は、あのシャワーのシーンかな~。
ヴェスパーの指をなめるシーンね。
(こう書くと、エロいシーンみたい……)
惚れます~!>ボンド

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

東京タワー オカンとボクと、時々オトン

年末年始に一気読みしました。
大泉洋さん主演のドラマも面白かったけれど、
原作の方が数倍面白かったです。
ドラマでは、広末涼子さん演じるボクの彼女が
結構重要な役割でしたが、原作ではそんなに
重要視されていないように思いました。

8日から連続ドラマになるの?
そちらも楽しみ。

人は見た目で判断するから、ナメられないように
オカンは衣服と寝具にはお金を惜しまなかった
云々という文章があって、なるほどなーと思いました。

昔、きものの着付けを勉強して以来思っていることだけど、
洋服って毎年流行があるし、キリがないから、あまり
お金をかけたくないと私は思う訳で、優先順位がずっと下
なんだけど、確かに他人は身なりや持っているものなどで
人を判断するような気がするなあ……。

で、オカンのように料理上手だと、やはりポイント高し。
これは息子も娘も同じだと思います。
料理もっと勉強しようっと。
私が今更オカンになることはないけども。

しかしですね、このボク、高校、大学とギャンブルに
明け暮れるわ、4年で卒業できないわ、とんでもない
息子だ~と思うんだけど。
母親が苦労してるのを知ってるなら、
ちゃんと勉強しろ~と言いたい。
それでもオカンを東京に呼び寄せたり、オカンを思う
気持ち、精神的な結びつきは凄いですよね。
まあ、私も母親の苦労は自分が年取ってから分かった
ので、あまり人のことは批判できません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

歓びを歌にのせて

Yorokobi
監督:ケイ・ポラック
出演:ミカエル・ニュクビスト 、 フリーダ・ハルグレン 、 ヘレン・ヒョホルム
2004年/スウェーデン

お正月に観るために借りた4本は
どれも当たり!でしたが、中でも
一番面白かったのがコレ。
5回繰り返して観ましたが、観れば観るほど
味が出るスルメのような映画でした。

世界的指揮者ダニエルはステージ上で倒れ、
医者に「心臓がボロボロだ」と言われる。
少年時代に住んでいた村に戻り、廃校を買って
住み始めたダニエルに「聖歌隊を指導して欲しい」
という声がかかる。
素人集団の聖歌隊のメンバーはそれぞれ複雑な
問題を抱えていたのだった。

ダニエルの夢は「人の心を開く歌を創ること」。
ダニエルが指導するようになってからのメンバーの
変化が面白く、音楽の力って本当に凄いと思いました。
自分の声に耳を傾け、自分を開放することの大切さ。
胸にわだかまりを抱えたままでは、歌声も揃わない。
人々の調和も生まれないのかもしれません。

20年間胸に溜めていた牧師の夫への想いを語る妻。
35年間、子供の頃から自分をいじめてきた人へ
涙ながらに怒り、不満を吐き出す男性。
少年時代からの恋心を告白するジイさま。
アル中の夫の暴力に苦しんでいるものの、怖くて逃げる
ことも出来なかったガブリエラが<自分の人生を生きよう>
と決意し、自分の道を歩き始める。
そして見て見ぬ振りだった周りの人達もそれを
応援するようになるのです。

このガブリエラがソロで歌う場面が感動でした。
歌詞、歌声共に素晴らしかったです。

そしてそして、天才的指揮者だったけれど愛を知らず
孤独を抱えたダニエルも、子供の頃にいじめに遭い
引っ越してしまったその村で、人を愛することを知り、
夢も叶えるのでした……。

子供のダニエルを抱き上げるのは大人のダニエル?
幼い頃に亡くなったお父さん?
冒頭、黄金色の穂の中でヴァイオリンを弾くシーンと
このラストは心に残る名場面だと思います。

(おまけ)小さい集団の中で人と人の間に生じる確執、
妬み、嫉妬、やっかみ、不安などは、スウェーデンでも
日本でも同じ!人間は皆、同じなんだな!


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
皆様にとりましても、健康で笑顔で過ごせる
一年になりますように。

天気が良いし、一日中DVDを観てゴロゴロ
してるのもナンなので、初詣でに行ってきました。
片道15分歩き、10分ほど並び、結構いい運動
になりましたよ。

おみくじは中吉。
おみくじに入っていたのは恵比寿さまでした。
ナンカ嬉しい。
今年はビールもエビス!
赤が美味しかったんだけど、赤って限定発売
だったのね。残念。

お正月だからと普段あまり呑まないお酒を解禁し、
ビールやら日本酒やらワインやら買い込みましたが
風邪ひいてるとあまり美味しくないですね。

07gantan_1
ささやかなお正月の食卓。


| | Comments (6) | TrackBack (0)
|

« December 2006 | Main | February 2007 »