« March 2007 | Main | May 2007 »

April 2007

大型連休

昨日から大型連休がスタートしました。
9連休の人もいるらしいよね。
9日間も休みがあると海外にも行けちゃいますね。

私は大阪、京都に2泊3日で出かけます。
ホントは、なにもGWにぶつけなくても~!と
思うのだけど……。
どこもかしこも混雑するし、旅費も高くなるし。
一緒に旅行する相方が3日に大阪で用事が
あるって言うので、それにぶつけた訳です。

大阪に行くのは3回目。
前回は天保山にある水族館に行ったり、
梅田芸術劇場でお芝居を観たり、
神戸にまで足を延ばしました。
一番行ってみたいのは実は、ここ!
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
映画ファンの憧れの場所(?)ですよ。

でも激混みで数時間待ち覚悟になるのもイヤ。
で、今回のメインは京都になりました。
大人の選択?!

美味しいもの、いっぱい食べるぞー。
このさい、体重は忘れるぞー。
天気が良くなるといいな。
晴れますように!


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

シェエラザード

浅田次郎

ロマンチックな響きのタイトルに惹かれて
手に取りました。
クラシック音楽に詳しい方はすぐに、
リムスキー・コルサコフの交響組曲
「シェエラザード」を思い出すのでしょうか。
そしてバレエファンの方はバレエ作品が
頭に浮かぶのかな?

戦時中の話ですが、阿波丸という、
攻撃されるはずのなかった船が民間人を大勢
乗せたまま魚雷で攻撃され沈没したという過去に
実際に起こった出来事がもとになっています。
が、私は初耳でした。

戦争に駆り出された海の男たち、
男たちが愛した弥勒丸という美しい船、
なぜ2千何百人もの人を乗せたまま沈没したのか、
金塊を積んでいたというのは本当なのか、
サルベージ(引き揚げる)話も本当にあるのか?

悲惨さの中にロマンがあるといったら不謹慎ですね。
大勢の民間人は「人間の盾」にされたのだから。
まったく戦争の理不尽さが際立つ話です~。
大本営参謀、将校、兵隊、士官、陸軍と海軍の
関係など、複雑で分かり難いけれど、以前より
理解が深まったような気がします。

今はバレエ「シェエラザード」が観てみたい!

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

マイペースな人

前にもここで愚痴ったことがあるのだけれど、
ダンスのレッスン中に酸欠状態で頭真っ白になると、
直前まで出来ていた振りがイキナリ出来なくなり、
どうしても思い出せなくなる。

そういう状態になってしまうともう手遅れで、
他の人の振りを見ても、教えてもらっても、
先生が確認のために振りを見せてくれても、
もうダメなのです。

目から入る情報が頭まで到達しないというか、
情報として認識されないというのか……。
そして頭で分かっても、身体が動かない。
手足まで信号が届かないという感じ。

で、対策として、ヤバイな!と感じたら、
スタジオを出て頭を冷やすのがいいみたい。
一応、抜け出すタイミングには気をつけていて、
出やすい場所に陣取るようにしているし、
迷惑にならないようにしているつもりです。

が、先生や他の生徒から見ると
どうなんだろうとちょっと気になります。

レッスンの流れを乱す生徒かな?
マイペースな人かな?
貧血が酷いことは一部の先生には話してある
けれど、きちんと了解を貰うべきなのかな?
このままで良いわけはないと思うんだけど、
優しい先生が何も言わないのをいいことに、
結構好き勝手に振舞っている私です。
今更ですが、ごめんなさ~い>先生

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

ブラッド・ダイヤモンド

風邪で2日間ダウンしてましたが、
どうにか回復したので先日観た映画
『ブラッド・ダイヤモンド』の感想など。

監督:エドワード・ズウィック
出演:レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリー、
ジャイモン・フンスー
2006年/アメリカ

タイトルをどうしても思い出せないのだけれど
20代の頃にやはり映画を観た後で
「欲しがりません!!ダイヤモンド」と固く(?)
心に決めたことがあって、この映画も同じく
ダイヤモンドを持っていることは罪だという
気持ちになります。

そういえば、今年のアカデミー賞授賞式の模様を
TVで観ていたら、女性が皆、胸元を大きく開けた
ドレスを着ていても、ダイヤなどのアクセサリーを
付けていなかったのは、この映画の影響だろうか
と思い至りました。

90年代の西アフリカ、シエラレオネ。
北海道と同じくらいの面積の国。
ダイヤモンドが反政府勢力の武器調達資金に
なっていて、シエラレオネ内戦はダイヤモンド
紛争とも呼ばれる。

反政府組織の革命統一戦線(RUF)は村から子供
を誘拐拉致し、麻薬などで洗脳し、親や親戚をも
殺すことを厭わない殺人マシーンに仕立て上げたり、
村人の腕を切り落としたりと残虐行為を働いていた。
しかし単純にRUFが<悪>と割り切れないようで、
内戦が長引く方が得をする国があったり、超大国
のダイヤモンド会社が絡んでいたりと複雑です。

ダイヤモンド採掘場で働かされることになった男
ソロモンとダイヤの密売人(レオ君)、そしてダイヤ
モンド紛争を見たまま記事にするのではなく、
<裏>を取るために頑張る女性ジャーナリスト。
3人が関わりあうことで、影響を受け変わるのが
密売人のレオ君でした。

こんな汚れ役、大丈夫?と少々心配になるほど
ハマッてますね。心に深い傷を持っている男が
似合ってました。
残虐シーンが多すぎて、観ているのが辛くなる
社会派サスペンス映画でしたが、ハリウッド色が
強いのは仕方ないのでしょうか。
そうしなければ、こういう重い映画は誰も観ない?

内戦終了後に、少年兵にされた子供たちの心の
ケアが深刻な問題として残っていることは新聞
などで知っていました。
この映画では、どうしても子供を取り戻したいと
願うソロモンの気持ち、親の愛情で目が覚める
息子の姿が観るものの心を打ちます。
しかし、内戦で親や身内の者を失ってしまった
子供たちは一体……。
お金のためなら汚いことも平気でする密売人の
アーチャーという男。彼がそうなった原因や善の
心を取り戻す経緯を思い返すと、彼らには愛情が
一番必要ということなのかもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (1)
|

O'Neill's

札幌駅のパセオにある「O'Neill's」という
アイリッシュパブでギネスビールと食事を
楽しみました。
オープン前から気になっていたんだけど、
さすがに1人では入りにくく、
昨日やっと実現しました!

アイルランドは行ったことがなくて憧れの地。
店内の雰囲気がいいです。落ち着く~。
ギネスもきっちり冷えていて飲みやすく、
アイルランド名物のパイも美味しかった。

昔イギリスで飲んで以来、ギネスは生ぬるく
味や風味が独特なイメージでしたが
ここのは違いました!!

フィッシュ&チップスじゃなくてチキン&チップス
をオーダーしたのが心残りで、また行きます。
アイルランドといえば、やはりフィッシュ?!
このお店は外を歩く人から中が丸見えなので、
気を抜くと大口開けてパクついている姿を
目撃されそうです。
店内の照明が暗めなので写真はイマイチ。

Beer
Pai


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

善き人のためのソナタ

監督・脚本:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
出演:ウルりッヒ・ミューエ、マルティナ・ゲデック
2006年/ドイツ

シアターキノで観てきました。
アカデミー賞外国語映画賞受賞作品です。
先月あたりからドイツ月間です。>自分
タイトルにも惹かれました。

舞台は1984年の壁崩壊前の東ベルリン。
国家保安省のヴィースラー(ウルリッヒ・ミューエ)は、
劇作家(セバスチャン・コッホ)とその恋人で舞台女優
(マルティナ・ゲデック)の監視を命じられる。
昼夜問わず盗聴し続けるうち、彼らの自由な思考、会話、
彼らの触れる音楽や文学によって心は少しずつ変化
していく。やがて保安省が彼らの反体制を確信するが
ヴィースラーは驚くべき行動に出るのだった。

--------------------------------------------

旧東ベルリンでそんなことが!?と驚くような話
ではなく、どこかで読んだり聞いたりしたことがある、
といった感じです。
日本の公安警察も似たようなものですか?

「善き人のためのソナタ」というピアノ曲がもっと確かな
感じで使われ、重要な意味を持つのかと期待したの
だけれど、そうでもなかったのが残念でした。
途中、睡魔に襲われ意識を失っていたので、その間に
演奏されたのかと一緒に観た人に聞いたら、
それもなかったみたいで……。

国家保安省の優秀で非情だった局員ヴィースラーを
演じたウルりッヒ・ミューエが素晴らしいです。
ほとんど表情が変化しないし台詞もないのに、感情や
価値観の微妙な変化が観るものに伝わるんですよね。
『ファニーゲーム』にも出演されていたんですね。

監視される女優クリスタがあまりにもあっけなく秘密を
しゃべってしまうのに憤ってしまいましたよ。
ああいう状況になると愛よりも自分の保身を選ぶのね。
人間って弱いなあ。監視社会は怖いなあ。イヤだなあ。
クリスタを監視させる理由がまた自分の欲望を満足
させるためというのが我慢ならん!!
と、私としてはいつもながらの感想になるのですが、
そんな中、芸術はやはり人を浄化し変化させる力が
あると改めて思うのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« March 2007 | Main | May 2007 »