« O'Neill's | Main | マイペースな人 »

ブラッド・ダイヤモンド

風邪で2日間ダウンしてましたが、
どうにか回復したので先日観た映画
『ブラッド・ダイヤモンド』の感想など。

監督:エドワード・ズウィック
出演:レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリー、
ジャイモン・フンスー
2006年/アメリカ

タイトルをどうしても思い出せないのだけれど
20代の頃にやはり映画を観た後で
「欲しがりません!!ダイヤモンド」と固く(?)
心に決めたことがあって、この映画も同じく
ダイヤモンドを持っていることは罪だという
気持ちになります。

そういえば、今年のアカデミー賞授賞式の模様を
TVで観ていたら、女性が皆、胸元を大きく開けた
ドレスを着ていても、ダイヤなどのアクセサリーを
付けていなかったのは、この映画の影響だろうか
と思い至りました。

90年代の西アフリカ、シエラレオネ。
北海道と同じくらいの面積の国。
ダイヤモンドが反政府勢力の武器調達資金に
なっていて、シエラレオネ内戦はダイヤモンド
紛争とも呼ばれる。

反政府組織の革命統一戦線(RUF)は村から子供
を誘拐拉致し、麻薬などで洗脳し、親や親戚をも
殺すことを厭わない殺人マシーンに仕立て上げたり、
村人の腕を切り落としたりと残虐行為を働いていた。
しかし単純にRUFが<悪>と割り切れないようで、
内戦が長引く方が得をする国があったり、超大国
のダイヤモンド会社が絡んでいたりと複雑です。

ダイヤモンド採掘場で働かされることになった男
ソロモンとダイヤの密売人(レオ君)、そしてダイヤ
モンド紛争を見たまま記事にするのではなく、
<裏>を取るために頑張る女性ジャーナリスト。
3人が関わりあうことで、影響を受け変わるのが
密売人のレオ君でした。

こんな汚れ役、大丈夫?と少々心配になるほど
ハマッてますね。心に深い傷を持っている男が
似合ってました。
残虐シーンが多すぎて、観ているのが辛くなる
社会派サスペンス映画でしたが、ハリウッド色が
強いのは仕方ないのでしょうか。
そうしなければ、こういう重い映画は誰も観ない?

内戦終了後に、少年兵にされた子供たちの心の
ケアが深刻な問題として残っていることは新聞
などで知っていました。
この映画では、どうしても子供を取り戻したいと
願うソロモンの気持ち、親の愛情で目が覚める
息子の姿が観るものの心を打ちます。
しかし、内戦で親や身内の者を失ってしまった
子供たちは一体……。
お金のためなら汚いことも平気でする密売人の
アーチャーという男。彼がそうなった原因や善の
心を取り戻す経緯を思い返すと、彼らには愛情が
一番必要ということなのかもしれません。

« O'Neill's | Main | マイペースな人 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39855/14674474

Listed below are links to weblogs that reference ブラッド・ダイヤモンド:

» 「ブラッド・ダイヤモンド」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「ブラッド・ダイヤモンド」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリー、ジャイモン・フンスー、マイケル・シーン、アーノルド・ボスルー、カギソ・クイパーズ、デイビッド・ヘアウッド、ベイジル・ウ..... [Read More]

« O'Neill's | Main | マイペースな人 »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ