« 喰わず嫌い王 お土産ベスト20 | Main | O'Neill's »

善き人のためのソナタ

監督・脚本:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
出演:ウルりッヒ・ミューエ、マルティナ・ゲデック
2006年/ドイツ

シアターキノで観てきました。
アカデミー賞外国語映画賞受賞作品です。
先月あたりからドイツ月間です。>自分
タイトルにも惹かれました。

舞台は1984年の壁崩壊前の東ベルリン。
国家保安省のヴィースラー(ウルリッヒ・ミューエ)は、
劇作家(セバスチャン・コッホ)とその恋人で舞台女優
(マルティナ・ゲデック)の監視を命じられる。
昼夜問わず盗聴し続けるうち、彼らの自由な思考、会話、
彼らの触れる音楽や文学によって心は少しずつ変化
していく。やがて保安省が彼らの反体制を確信するが
ヴィースラーは驚くべき行動に出るのだった。

--------------------------------------------

旧東ベルリンでそんなことが!?と驚くような話
ではなく、どこかで読んだり聞いたりしたことがある、
といった感じです。
日本の公安警察も似たようなものですか?

「善き人のためのソナタ」というピアノ曲がもっと確かな
感じで使われ、重要な意味を持つのかと期待したの
だけれど、そうでもなかったのが残念でした。
途中、睡魔に襲われ意識を失っていたので、その間に
演奏されたのかと一緒に観た人に聞いたら、
それもなかったみたいで……。

国家保安省の優秀で非情だった局員ヴィースラーを
演じたウルりッヒ・ミューエが素晴らしいです。
ほとんど表情が変化しないし台詞もないのに、感情や
価値観の微妙な変化が観るものに伝わるんですよね。
『ファニーゲーム』にも出演されていたんですね。

監視される女優クリスタがあまりにもあっけなく秘密を
しゃべってしまうのに憤ってしまいましたよ。
ああいう状況になると愛よりも自分の保身を選ぶのね。
人間って弱いなあ。監視社会は怖いなあ。イヤだなあ。
クリスタを監視させる理由がまた自分の欲望を満足
させるためというのが我慢ならん!!
と、私としてはいつもながらの感想になるのですが、
そんな中、芸術はやはり人を浄化し変化させる力が
あると改めて思うのでした。

|
|

« 喰わず嫌い王 お土産ベスト20 | Main | O'Neill's »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39855/14587532

Listed below are links to weblogs that reference 善き人のためのソナタ:

« 喰わず嫌い王 お土産ベスト20 | Main | O'Neill's »