« May 2007 | Main | July 2007 »

June 2007

輪違屋糸里 

浅田次郎著(文春文庫)

この本を読んでから京都へ行けば、
京都の街も違って見えたかもしれません。
輪違屋って、京都市指定文化財で、現在も
営業しているんですって。ビックリ!
北海道人の感覚では、歴史があり過ぎて
不思議な感じだわ~。

糸里とは、新撰組と関わった島原の芸妓の
名前で、祇園の芸妓とは格が違うそう。
その辺のことも、ピンとこないな。初耳です。
長唄、三味線、歌舞音曲、和歌、蹴鞠、双六
などにも通じていた、伝統文化の継承者と
しての役割も担っていたそうです。

新撰組より、そちらに関する記述の方が
興味深かったです。

上戸彩、伊藤英明、中村獅童といった
顔ぶれでドラマ化されるんですって。
上戸彩。幼なすぎて、糸里のイメージとは
違うような気がするなあ。
伊藤英明が土方歳三?
これもイマイチ。
ま、ドラマを楽しみにしましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

北大でスープカレー

5月に大阪へ行った際、ANAの機内誌で
紹介されているのを目にしてからずっと
「食べにいくぞ!」と決めていたのですが、
先日やっと食べてきました。

短大生の頃、北大生でもないのに闊歩
していた北大構内はすっかり様変わりし、
戸惑うばかり。
どこで食べられるのかも記憶が曖昧。

「全日空の機内誌で紹介されていたスープ
カレーを食べに来たんですけど」

と訊ねて、探し当てました。
だけど、中華風スープカレーなんだよね。
あれ~?中華風だっけ?
Curry

Curry2
美味しいけど、
このギョーザは
私は要らないかも。
わずか450円ほど
なのが嬉しいです。

その学食(カフェ?)の名前を
ど忘れしちゃった。
<はまなす>だったかな?

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

森山開次さん、情熱大陸に!

昨夜の「情熱大陸」。
森山開次さんが出演するというので、9時から
テレビの前でスタンバって観ましたよ。

あのお人柄!シャイな感じ。穏やかな笑顔。
やっぱりいいわ~。好きです。

下北沢の稽古場で「レッスン着はダサイから」
などと照れる様子がまた可愛い。
公演終了後だったか、レッスン後だったか、
「(体重が)2~3kg減ってしまった。ガリガリ」
と呟いていたのが印象的でした。
私はレッスンで痩せても、せいぜい1kg。
あっという間に戻っちゃう。
身体の使い方、質と量が違うんでしょうね……。

子供向けワークショップの様子も映っていましたね。
今年もキリンビアパーク千歳に来るみたいです。
詳しくは、こちら

芸術の祭典「ヴェネチア・ビエンナーレ」の結果が
30日には分かるそうですが、楽しみですね。
吉報になりますように!

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

武士の一分

Bushiichibun
監督:山田洋次
出演:木村拓哉、檀れい、笹野高史、桃井かおり
2006年/日本

藤沢周平原作の『たそがれ清兵衛』も観てるし、
『隠し剣 鬼の爪』も観てますが、一番好きなのは
この作品かもしれません。
『たそがれ清兵衛』も良かったけれど、
今回は木村拓哉が頑張っているし、
檀れいさんも可愛らしく、
お似合いの夫婦に一票。

いやはや、しかし、世の中の理不尽と不条理を
まとめて放り込んだような作品でしたね。

たかだか30石(って、どのくらい?)のお給料で
お殿様のお毒見役。
全く割に合わない仕事ですよ。

そして、貝の毒に中って失明という不幸の渦中に、
自分の立場を利用して部下の奥さんを騙したり
脅したりする卑怯な上司が現れ、

そしてさらに、おしゃべりで下品な叔母さんが
わざわざ噂を告げ口しちゃうってんだから、
なんとまあ……(絶句)。

でも世の中そういうもんかもねえ
と納得しちゃう私。

【武士の一分】を賭けて果し合いになるのだけれど、
現代に置き換えると『内部告発』ですか?
三村は圧倒的に不利な立場で命を賭けているので、
随分と重みが違うような気もするけれど。

「何も知らない方が良かった。」
「徳平に後を付けさせたのは間違いだった」
と一旦は言ったものの、
「いや、何も知らないアホのままでいい訳がない」
と思い直す三村。

私も、全くその通りだと思います。
理不尽と不条理を描いただけでは、
これほど美しい品のある作品にはなりません。
あのラストが良いです。

【おまけ】徳平役の笹野高史さんって、
なんて味のある役者なんでしょう。
ちょっと感動。

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

洞爺湖

Summit
話題の洞爺湖に行ったときの写真。
もう先月のことだけど。
母のたっての希望で行ったんだけど、
温泉に浸かって美味しい料理を食べて、
花火を見て、素晴らしい風景を眺めて、
癒された!!

昔に比べると今はほとんどストレスのない
生活なのに、やっぱり溜まってるのだね。
>ストレス
と思った。

最近また心に余裕がない感じ。
とにかく人間関係が煩わしい!
妹と話していても、どうしてこんなに
通じないのだろうと不思議に思う。
言葉を重ねても伝わらないものは
伝わらない。
期待するような言葉は返ってこない。
もう面倒だから黙っていた方がマシ。

ただ黙って聞いてくれるだけでOKなのに。
でも、妹はいつも説教になる。
私が全部悪いことになるんだよね。
そして余計ストレスが~~。

あ~また温泉に行きたいな。
1人で温泉一泊って怪しいよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

猫のトイレ

Neko


近所の路上で3匹がゴロゴロ
していたので、一番の美猫を
パチリ。
頭を撫でると、ひっくり返って
お腹を見せるので、なんて愛嬌があるの~!
と感動し、お腹を触ってあげる。
と、後ろ足で蹴り~。
なに、嫌なの?背中が痒いだけなの?

そんな猫さまも、飼い主が帰宅した途端
さっさと飼い主一家の方へ行っちゃった。

猫をわざわざ外に出して外出したのかな?
猫専用ドアがあって、出入り自由なのかな?

「近所の猫がウチの玄関先をトイレにしている」
と妹が怒っていたことがあるんだけれど、
躾ければ猫も外で用を足すようになるのかな?
散歩の途中で済ます犬は、結構いるみたい
だけど、猫ってどうなんでしょ?
そんな疑問がフツフツしてきました。

まあ、集合住宅住まいの猫には無理な話
なんですけども。


| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

ナニワな一日

ナニワな(?)レッスンを受けてから
東急百貨店で開催中の
「大阪博覧会なにわうまいもん市」に
行ってきました。

たこやきを食べたかったのですよ。
でも、たこ焼き、お好み焼き、モダン焼き
など粉モノは行列~。
会場は、調理の熱と人の熱気で大変な
ことになってました(汗)。

日ハムvs阪神戦の時にも「北海道には
こんなに大勢の阪神ファンがいるんだ!」
とビックリしたんだけど、皆さん行列に
並ぶの平気なのね。

で、551蓬莱アイス大阪サイダーです。
Naniwa
Naniwa2
アイス1本だけ、
ジュース1本だけ
買えるのが嬉しいよね。
アイスは色んな味が
ありました。私はパイン味。
サッパリしていて美味でした。
サイダーは三ツ矢サイダーとは
違った味で、シュワシュワ感が
あまりないサイダー。懐かしい感じ!

20日までなので、また行こうっと。


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

iPodで英会話

iPodで音楽とポッドキャストを聴くだけなら
もったいないと、「iPodで英会話」を買って
みたんだけど。
定価3,360円が2,980円になっていた
ので思わず買ったんだけど。

2,980円を無駄にしたかも~。
iPodへのデータ転送のところで、
説明書通りにいかない~(泣)。
音声データはiTunesに読み込まれるけど、
その先がダメ。

なんかどうでも良くなってしまった。
以前なら頑張ってなんとかしたかもしれない
けど、最近そういう根気がない。
パソコンにずっと向かっているのも少々苦痛。
やる気を取り戻すまで、しばらく放置!

| | Comments (0) | TrackBack (1)
|

ゆれる

Yureru
監督:西川美和
出演:オダギリジョー 香川照之 伊武雅刀
新井浩文 真木よう子 蟹江敬三 木村祐一
2006年/日本

公開当時、随分話題になっていた映画です。
レンタルDVDで鑑賞。

東京に出て写真家として、ある程度成功している
弟(オダギリジョー)と田舎に残り実家のガソリン
スタンド経営を手伝っている独身の兄(香川)。

母親の一周忌のために久しぶりに実家に戻った
弟と兄の間にガソリンスタンドで働く女性(真木)
が関わってくるのだが、ある日3人で出かけた、
兄弟の思い出の場所で、彼女は吊り橋から転落
し亡くなってしまう。
事故?それとも故意だったのか。

香川照之の演技が見事!
人が時折垣間見せる独特の表情、腹の中の
ドス黒いというか、長年の間に溜まって澱んだ
想いが滲み出ているというのか、隠していた
嫌な部分がはからずも出てしまったというのか。
そんな表情が凄い。

「おまえは殺人者の身内になりたくないだけだ」
(うろ覚え)と弟に言う兄だけれど、
実は私も思ってしまった。
殺人者の弟になるのが嫌なだけだったりして?と。
そう思ってしまう私もかなり屈折しているかも(汗)。

兄弟間でこれだけの確執が生じるには、
描かれていない部分も多いのだろうけれど、
弟の証言が重大な結果をもたらすあの場面で
あの発言は信じられなかった。
ああいう証言をすることで兄弟間の絆が深まる訳
もなく、自分の良心を証明出来る訳でもなく……。

そもそも兄と親しげな女性に手を出すのも、
どーいうつもり?!って感じ。
兄が見せる嫌な表情に嫌悪感を抱く。
だけど本当に怖いのは弟だった。

いろんな想像が出来る終わり方だけれど、
私はとっても後味悪かった~。
こんな映画を創る西川美和監督って、
どんな方なんでしょ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

第16回YOSAKOIソーラン祭り

札幌は今、YOSAKOIソーラン祭り一色と
いった具合ですが、有名チームの演舞は
ほぼTVで観ることが出来るので嬉しいですね。
今年の大賞は、どのチームになるのでしょうか。

注目の平岸天神ですが、
ソーランナイトで遅い時間に踊り、
翌日は朝イチのパレードで踊り、
体力的にさぞかし大変だろうなあ。
パレード会場を盛り上げるためには、
それも必要なことなのかもしれないけれど、
踊り子さんたちにとっても嬉しいことなの?
は~、オバさんには厳しいわ。
お天気が良いのが何よりですね。
これで雨だったりすると、もっと大変だから。

パレード中継を観ていて気が付いたんだけど、
桟敷席から見て審査するって、どうなんでしょ?
平岸天神の演舞は、正面から撮った
映像が凄く良かったので……。
今更何を言うか!と思われそうだけど(汗)。

さ、TVにチラとも映らないかもしれないチーム
の演舞を観に出かけよう。

【追記】
道庁赤レンガ会場を覗いてからレッスンを受け、
大急ぎで着替えてダッシュで大通公園西8丁目
会場の巨大スクリーン(?)を観るつもりでしたが
観たかったチームは見逃してしまいました。
思ったより8丁目が遠かった~。
人込みで前に進めなかったのと、日に焼けるのを
気にしてお化粧直ししたのが敗因だわ^^;
演舞時間は多少遅れるかと思ったんだけど、
きちんと時間通りに進行しているのですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

札幌ドーム初体験

恥ずかしながら札幌ドームに
初めて行ってきました。
もちろん日本ハムの応援に!

短大時代からの友人に誘われて
重い腰をあげました。
彼女は学生の頃には某大学の硬式野球部
マネジャーをやり、息子二人も野球少年。
少年野球チームのスコア係兼うぐいす嬢も
経験しているバリバリの野球ファンです。
私が球場に足を運んだのは、14年ほど前に
千葉マリンスタジアムに観に行った試合が
雨で中止になって以来です、多分。

森本選手の応援グッズ、顔写真うちわを
買って応援しました。
ピッチャーはイケメンのダルビッシュだし、
久しぶりの野球観戦は楽しい!
10連勝。満員御礼。盛り上がりました~。
これはハマるかも~。

| | Comments (3) | TrackBack (0)
|

« May 2007 | Main | July 2007 »