« キサラギ | Main | 酪農学園大学アイス »

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

監督:デイビッド・イェーツ
出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソンほか
2007年/

ハリーはホグワーツの5年生になって学校に戻ったが、
ホグワーツでは「闇の帝王」ヴォルデモートが蘇った
事実が全く知られていなかった。
ファッジ魔法大臣は、ダンブルドア校長が自分の地位を
狙っていると疑い、校長と生徒たちを監視するために、
新任教師ドローレス・アンブリッジ先生を送り込む。

「1、2と観たから、今回も観てみようか」とあまり気乗り
せずに半ば惰性で観るのがシリーズもの。
「やっぱり一番最初が面白かったよね。(ため息)」と
なるのが、これまでのシリーズものでした。

が、『ハリー・ポッター』シリーズは少々違うみたい。
回を追うごとに面白くなるから不思議です。
5作目となる今作がシリーズ中、最高傑作と書いたら
褒めすぎかな?

描かれている世界観が名作『ロード・オブ・ザ・リング』
や『スター・ウォーズ』に近くなったように感じました。
これまで、ほとんど学校と家庭の中だけだったハリーを
取り巻く社会が広がり、理不尽で不当な大人の世界を
象徴するように魔法省が関わってきます。

監視役のアンブリッジ先生、見た目はピンクのお洋服で
可愛いらしいんだけどね~。見た目とのギャップが凄い。
闇の魔術に対抗する防衛術を全く教えないばかりか、
「生徒がグループを組織することを禁ずる」などの校則を
作っちゃうし、それに違反する生徒の密告を奨励したりと
過激なこと!!

それにしても15歳のハリーには厳しい現実だよね。
シリーズ1~4と、もう十分ってくらい過酷なのに。
冷静な判断ができないハリーは、ダンブルドアの指示も
素直に聞くことが出来ないし、ハリーの孤独と苛立ちは
観ていて辛いほどです(涙)。

そんな彼を支えるのが、親友のロンとハーマイオニー。
ロンの家族やシリウスといった大人たち。
今回登場した新キャラクター、ルーナ・ラブグッドが好き
だなあ。彼女はハリーと同じく辛い経験をしているので、
ハーマイオニーやロンとは違う視点・態度でハリーを
理解し支えることが出来るんだよね。

ロンの双子の兄が花火の悪戯で、ささやかな(?)
抵抗をする場面も好き。これくらい派手にやって
くれたら嬉しい。即、退学か?

で、ハリーとヴォルデモートを結ぶ秘密ってヤツは
理解したんだけど、何故そうなったんだろう?
1回観ただけじゃ分かりません。原作読んでないし。
ハリーの父親は実は……が衝撃的だったかも。
「まさかスター・ウォーズの展開じゃないよね(汗)」
とは、連れの意見。まさかね~。
もう一度観ようか、どうしようか迷ってます。
あまりストレス解消にはならない作品だからね。


|
|

« キサラギ | Main | 酪農学園大学アイス »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39855/15918273

Listed below are links to weblogs that reference ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団:

« キサラギ | Main | 酪農学園大学アイス »