« ステップファザー・ステップ | Main | 贅沢な悩み »

ぼんくら

宮部みゆき著(講談社文庫)

主人公は同心・平四郎で、舞台となる鉄瓶長屋で
起こる日常や事件を集めた短編集のようなつもり
で読み進んでいると、あらま~!ということになる。

それぞれの事柄が一つのある事件に繋がっていて、
さすがにのんびりおっとりの平四郎も動かなくては
ならなくなり、嫌いな岡っ引きの力を頼らなくては
ならない。
どんな仕事にも苦労はあるというような平四郎の
感慨は頷ける。

平四郎も味のある男だけれど、周りを取り巻く登場
人物が皆、とても面白い。
美少年の弓の助や、おでこと呼ばれる少年の特技
には笑ってしまうし、中間の小平次や長屋で煮売屋
を営むお徳さんも、大人げないような気もするけど、
なんだか人間味があっていいわ~。
一人一人のキャラが立っているのが凄く好き。

「本当のことなんて、どこにあるんだよ」

宮部さん、「楽園」もそうだったけれど、この辺の
テーマが好きかもですね。

« ステップファザー・ステップ | Main | 贅沢な悩み »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39855/16452965

Listed below are links to weblogs that reference ぼんくら:

« ステップファザー・ステップ | Main | 贅沢な悩み »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ