« December 2007 | Main | February 2008 »

January 2008

陰日向に咲く

Kagehinata
監督:平川雄一郎
出演:岡田准一、宮崎あおい、伊藤淳史ほか
2008年/日本

2008年1本目の映画は、劇団ひとりの大ヒット
ベストセラー小説の映画化「陰日向に咲く」に。
岡田准一くんを見て目の保養、伊藤淳史クンの
ホノボノ顔に癒されるのを期待して。

「ここでこうしていることには意味があると思うの」
(うろ覚え)

宮崎あおいさんの台詞ですが、これは原作にも
あるのだろうか?
劇団ひとりは、こういう考え方をする人?
私も何かあると「これはどういう意味がある?」と、
つい考えてしまうんだけど。

「あの出来事もこれも全部繋がっていて、だから
こういう意味なのかな」と思うことがあるのですよ。
映画の中の9人の出来事がリンクしているように。

岡田准一君は、ギャンブル癖が直らず借金まみれ
のシンヤ役。ここまでくると、癖というより依存症
だよね。アルコール依存症と同じ。

パチンコでお小遣い稼ぎをする元教頭、勝ってる時は
平気で嘘ついて約束の時間に遅れてくる主婦とか、
パチンコ好きな人を何人か知っているけど、
借金までしちゃうと病気だと思いますよ。

借金返済に困り、オレオレ詐欺にまで手を出しちゃう
シンヤですが、あのエピソードにはやはり涙。
気弱で自分に自信がなく、意志も弱い彼。
上司が返済に使いなさいと渡してくれた2万円を
あっという間にパチンコで摩ってしまうダメダメな
シンヤを岡田君は好演していたと思います。

オレオレ詐欺、借金まみれの若者、老人の孤独死、
ホームレス、アキバ系アイドルオタクに売れない芸人
と、どれも殺伐とした東京の風景を切り取っている
みたいだけれど、最後には心温まり涙するのが
不思議で、この原作の魅力なのでしょう。
現実はもっと悲惨で厳しいだろうから、せめて映画の
中だけでもって感じ。なんにせよ、2008年最初の
映画としては正解でした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

アイランド

監督:マイケル・ベイ
出演:ユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソン
2005年/米

久しぶりに面白いSF映画を観ました。
映画館じゃなくDVDレンタルで。
公開時にヒットしたという話を聞いていないので
まったく眼中になかったんだけど、
たまたま借りてみたらば、私好みのSFサスペンス?
アクション映画でした。

汚染された地球上の人々は地下施設に隔離され、
毎日同じ単調な仕事と規則尽くめの管理された
生活をおくっていた。
唯一汚染を免れた「アイランド」に行くことを夢見て。
無作為に抽選で選ばれた人だけが行ける場所
それが「アイランド」。
悪夢に悩まされ、いろいろな疑問を持っていた
主人公はある日、一匹の蛾を捕まえたことから……。

よくある管理された近未来が舞台のSFものだと思ったら
彼らはなんと臓器提供のために作られたアグネイトと
呼ばれる製品であり、クローンだった!
「アイランドに行く」とは、実はとんでもないことだった~!

公開時には、この辺のことは前もって知っていた人も
多かったのかもしれないけれど、私は予備知識ゼロで
観たので、すごい驚きました!面白かった!

生きたまま臓器を摘出されちゃうんだよ。
クローン人間を作って、それをセレブのために役立てよう
としている科学者は、自分は他人のために良いことを
していると思い込んでいて、クローンも感情のある同じ
人間だと分からない。長生きしたい、幸せな生活をしたい
と思っている彼らをモノ扱い。

科学や医学も使い方によっては……という昔からある
問題がテーマみたいだけど、後半はアクションばりばり。
あまり重くならずに楽しめました。
それがマイケル・ベイ作品だよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

風月

昨年の5月に大阪で食べて以来の
お好み焼きです。
Fugetu
@風月大丸店

大阪で「風月」のお好み焼きを
食べたことがあるけど、
札幌大丸店の味も大阪の味も
変わりないですね。(当たり前?)
本場大阪だから、お好み焼きが
格別美味い!ってこともない。
こんなことを書くと失礼かもしれないけど、
自分ちで作るお好み焼きも、そう悪くない
ように思えてきてしまうのは何故~?

しかし、やはり粉モノは絵にならないね~。

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

そして、思うこと

某スポーツクラブに通うようになり、
早4ヶ月が過ぎようとしている。
某スタジオには全く行っていない。
レッスンを受けたいと思う先生はいるんだけれど、
どうも色々思うことがあって……。

某スタジオでレッスン中やレッスン後に
何度も苦しめられた症状、
例えば頭が真っ白になり身体が動かないとか、
レッスン後に頭の芯が重いような鈍いような
妙な感じになるとか、
翌日は朝から頭痛で苦しむとか、
もしかして脳細胞が破壊されてるんじゃないの?
と疑わしくなるような状態。
いくら症状を説明しても、なかなか人には
伝わらないのが悲しいけど、仕方ないね。

そういう風にスポーツクラブでは、
ならないんだよね。

これは一体なぜなんだろう。
スポーツクラブのレッスンが軽いからとか、
そういうことではないと思うわけで……。
ハードなクラスでフラフラになっても、
頭はスッキリしているんだから。

やっぱり某スタジオの空調や空気が
合わないのかなあと思うんだよね。
せっかく某スタジオのレッスンを受けても
思うように踊れないのでは意味が無いし、
翌日に影響が出るようじゃ困る。
肉体的負担が大きいようじゃさらに困る。

……と、どんどんスタジオから足が遠のき、
もう二度と行くことはないような気がしてきた
今日この頃なのだった。
ちょっと寂しいけれど……。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

うっかり、ぼんやり

先日、運転免許の更新を済ませました。
今回は優良ドライバーなので、30分講習。
楽だね~。30分。(しみじみ)
講師の方はお話が上手いし、あっという間でした。

死亡事故の原因は「うっかり、ぼんやり運転」が
ダントツに多いらしいです。
脳の働きが運転に集中できていないか、
集中していても誤ったり、見落としたりして起こす
事故で、脳の働きが鈍っているときにこの現象が
起きるそうです。

うっかり、ぼんやり。
まさに私のことじゃん!!
運転していなくても、うっかりぼんやり。
普段の生活でも、うっかりぼんやり。
最近うっかりぼんやりが多くなっているような……。

7年ほど前に車の運転をやめてペーパードライバーに
なっているのだけど、やめて正解ですな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

2007年に観た映画

ブログに書いた映画の感想を本館の方に
まとめてアップしました。
「2007年に(劇場で)観た映画」ってことで。
年々減って、昨年はたったの11本でした。

毎月1本ペースって、映画ファンと言えないね。
生の舞台を観るようになったら、チケット代が
高いから、なかなか映画の方に手が回らないのと、
昨年はどうしても映画館で観たいと思う作品が
少なかったような気もします。

レンタルでは結構観たんだけど、感想を書くのを
サボってました。
心に残る作品にぶつからなかったなあ。
なんかしみじみと良かったと思う作品がなかった
ような気がしますが、映画から遠ざかったことで、
良い作品を見つけるアンテナも退化しているかも。


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

しゃべれどもしゃべれども

佐藤多佳子

2008年の最初の読了本となりました。
NHKの朝の連ドラ『ちりとてちん』を毎朝楽しみに
していて、落語、噺家に興味が湧いたので。
この小説も前から評判を耳にしていたし、
国分太一クン主演で映画化もされたよね。

なんとなく新年に相応しい話だったように思う。
修行中の身である落語家の下に集まったのは、
口が重いというのか喋りに問題のある4人。
美人なのに愛想のひとつも言えなくて失恋した
十河という女性はまだいい方。
他の3人は大変だよね。
仕事に支障が出たり、毎日学校で辛いんだから。

お茶の先生をしている(主人公の)祖母が語る
「一期一会」が心に残った。

「同じお茶会というのは決してない。
どの会も生涯にただ一度限りだという心得。
その年、季節、天候、顔ぶれ、それぞれの心模様
何もかもが違うんだよ。だからこそ、毎度毎度面倒な
手順を踏んで同じことを繰り返し稽古するんだよ。」

お茶を点てる側、頂く側それぞれの心模様だよね。
ダンスや舞台もきっと同じだね。
踊る側、観る側、それぞれの心模様で変わるから
生涯に一度限りの舞台。

テニスコーチをしている従兄弟の青年が生徒との
人間関係に悩み、子供の頃に克服したはずの
吃音にまた苦しむんだけど、人様に「教える」って
のは、色々難しいんだろうなと改めて思った。

その子のためを思って一生懸命な先生。
その先生の吃音を嘲笑する子供たち。
学校の先生の大変さや心を病む教師が増えている
と前からずっと騒がれているけれど、なんだか
嫌な世の中だ~。今の子供たちって、親から
「人の肉体的欠点などを指摘したり笑ってはいけません」
って言われないんだろうか?

本当は標準語も話せるらしいのに大阪弁しか喋らない
小学生、優くんの発表会の場面で号泣。
どんなに上手に喋っても笑いをとれなかった十河が
象徴的だと思う。
もし優君じゃなくて、いじめっ子の大将が同じ落語を
やったとしたら、果たして笑いがとれただろうか?
と想像してしまった。

優くんのその後を読みたいと思う。
テニスコーチのその後も。
そして元野球選手のその後。

落語家と十河の二人は想像通りだな。
多分。


| | Comments (0) | TrackBack (1)
|

鏡開き

今日は鏡開き。
体重増加した、身体が重いと騒ぎながらも
Kagami

実家から貰った小豆が
あったので、作りました。
ぜんざい。
だって、もったいないでしょ。
捨てるわけにいかないでしょ。>おもち

いつもは缶詰で手抜き
しますが。
砂糖を入れるタイミングが
早かったかなあ……。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

明けまして踊りましょう

ダンススタジオマインドさんの
ダンス公演を観てきました。
『明けまして踊りましょう』
公演タイトルまんま新年早々なので、ハッキリ言って
今回はパスしようと前日まで思ってました。
並ぶのイヤだし(全席自由席なので)、当日券買えない
かもしれないし。

でも「観ないと後悔するかも」と大急ぎで支度し会場へ。
長蛇の列だったけど、無事にチケットをゲット。
席も前から5列目と好きな場所を確保。

いや~、見逃さずに良かったです。
新年早々、良いものを見せていただきました。
オープニングからお正月ムードぷんぷん。

「もし僕がNOW’07を創ったら」というタイトルで
映画「THAT'S ENTERTAINMENT」を意識した作品が
あって、今回の公演全体が「THAT'S ENTERTAINMENT」
てな感じで、すごい楽しめました~。
最後まで全然飽きません。
ヒップホップ、ジャズダンス、コンテンポラリー、
ロックダンスにタップダンス。
引出しが沢山あるんだなあ。
さすがマインドと再認識。

M@A氏振付「オーマがトキ」。
倖田來美や安室ちゃん、SMAPのバックダンサーなどで
活躍している方です。華がある振付とでも言いましょうか、
魅せ方を心得ているというのか。衣装も、お正月っぽく楽しく。

そして、昨年のジャズナウでも踊った「夢があるから」。
何度見ても楽しめます。
今回も大いに楽しませて頂きました。
ペンギン着ぐるみに身を包んだダンサーがはじけてました。
主役のペンギンを踊ったのはタップ指導の満藤弘氏。
哀愁を漂わせる演技も入っていて、さすがです。
役者だわ~。

新年初笑いさせていただきました(?)。
ジュニアの祖父母と思しきご夫婦が
大ウケしていたのが印象的でした。

今頃は夜の部が終わった頃かな?
ダンサーの方たちは、クリスマスケーキや
お節などご馳走を食べずに我慢してたのかな。
この後、打ち上げで盛り上がるのかな。
スタッフの皆様、ダンサーの方々、
本当にお疲れ様でした。

@札幌教育文化会館大ホール

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

踊り初め

昨日が2008年の踊り初め。
4×8。
で、先生が
「休み明け早々飛ばしてごめんなさい」
と謝っていた。

いえ、それは全然構わないんですけどね、
いや~身体が重いこと。
ぜーぜーハーハー。
年末から食べ過ぎたツケがまわった。
ヤバイと思ったのは私だけじゃなかったみたい。

ロッカーのキーを置きっ放しにし、
レッスン後に気付いて慌てる。
受付カウンターに届いていたので
良かったけれど~。
受付の人が笑顔で
「今日は(届けられるキーが)多いです」と言っていた。
正月ボケは私だけじゃなかったみたい(汗)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

初詣

今日は北海道神宮へ初詣に行ってきました。
いつもは近所で済ませていた初詣だけど、
今年はちょっと気合を入れて。
もっと混んでいるかと思ったら、
そうでもないのね。

おみくじは「」でした。
銭亀さんが入ってました。
延命長寿、身体健固のお守りで、
金運を招くとも伝えられているそうです。
今の自分には嬉しいお守りでした。

今日の道新では、おみくじを信じない人が
61.3%ですって。私は信じる方。
でも、今まで凶や大凶が出たことがないから
信じていられるのかもね。
凶をひいてしまった日にゃあ、
信じたくなーいとなっていたかも。

| | Comments (3) | TrackBack (0)
|

謹賀新年

皆様あけましておめでとうございます。
昨年は拙いブログにお付き合い下さり、
ありがとうございました。
今年も宜しくお願い致します。

今日は自宅でお酒片手にビデオを観て
寛いでおります。
目の保養の「花よりもなほ」。岡田准一くん主演。
あまり頭を使わず「ファンタステッィクフォー」。

黒豆や伊達巻などは買ったけれど、
お雑煮と煮豚と蛸のカルパッチョは
作ったよ。
今年はもっと料理上手になりたい。
今年はもっと体力アップしたい。
そしてもっともっとダンスが上達しますように。
皆様にとりましても良い年になりますように。

08gantan08gantan2
08gantan3


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« December 2007 | Main | February 2008 »