« November 2008 | Main | January 2009 »

December 2008

年の瀬

26日が仕事納めで9連休に突入している方も
いらっしゃるようですが、私は今日が仕事納め
みたいなものかな。
「納め」「始め」はあまり関係ない自営なんだけど。
今日は普段滅多にしない雪かき、氷割りをしたので、
パソコンのキーを叩く肘から先が痺れています。
慣れないことをすると堪えますな~。
後日、腰や肩も筋肉痛になるのだろうか。

今年は可もなく不可もなく平穏無事に過ごせたことを
良しとしましょう。背負っていたずしりと重たい荷物も
11月に解消したし。

踊り納めは、先週の土曜日でした。
以前は正面が変わると(鏡の方を向かずに踊ると)
踊れなくなったりしたけど、大丈夫だったのが嬉しい。
少しは進歩してるみたいです。

このブログを読んでくださっている皆様、
一年間ありがとうございました。
来年もボチボチゆっくりペースで続けようと思います
ので、宜しくお願い致します。
では皆様、良いお年を!!


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

チャリティミュージックソン2008

イヴの夜は何をしていたかというと、
STVホールに座ってました。
目の不自由な方のために音の出る信号機を
設置したり盲導犬の育成のためのチャリティ
コンサートを聴いていました。

ラジオでは、みのわ雅彦さんが24時間の公開生放送。
ホールではパーソナリティの室田智美さんの司会で
KANさん、木原健太郎さん、干場かなえさん、SACONさん
そして、みのわ雅彦さんが生出演してくださり、
素晴らしいピアノや生の歌声を楽しませて頂きました。

私はFMばかりで、STVは聴きません。実は(汗)。
「整理券が当たったから一緒に行こう」と誘われて行ったので、
出演者の方々もKANさんしか知らない状態。

若い頃も、アタックヤングとかオールナイトニッポンは
ほとんど聴いたことがないんだよね^^;
SACONさんはアタックヤングのパーソナリティを務める
若手ミュージシャンなのだけど、会場には若い人は
あまり見かけなかったなあ。
最近の若者はラジオをあまり聴かないのかな?
KANさんはクリスマスツリーが付いたカツラをかぶり登場。
会場を沸かせていました。

僅かだけど、募金もさせていただきました。
こういうクリスマスも思い出になって、いいです!

Stv


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

風邪っぴきのレッスン

風邪が流行っているせいか、クラスに必ず一人は
風邪をひいている人がいる。
ゲホゲホしてたり、マスクをしてたり、鼻水を啜ってたり
「昨日から下痢と熱で……」と言ってるツワモノまで。

私も少しくらいの風邪ならレッスンに出てしまうし、
お互い様なので他人のことをとやかく言うつもりはない
のだけど、嫌な顔をする人も存在するのは確か。
一般的にどれくらいまでが許容範囲なのかな?

一緒にレッスンに出た人に
「帰ったら、うがいした方がいいね」と軽い気持ちで言ったら、
「随分、神経質なんですね」と返されたこともあるし、
やっぱり人それぞれなんだろうけど。

そんなことで悩んでいるより、
抵抗力をつけて風邪をひかないのが一番か!

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

冬至

Toji
冬至には、かぼちゃ。
かぼちゃ団子のぜんざいを
作りました。
こんなに大量の小豆を誰が
食べるんだーというくらい煮て
しまったので、半分冷凍しました。

換気扇を磨いた。
年賀状書いた。

すっかり気分は年の瀬です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

ジュンク堂

3千円以上買えば貰えるお菓子が目当てだったわけでは
ありませんが、オープン初日のジュンク堂書店へ。
大通にオープンした大型書店は、激混みでした。
レジには長蛇の列。
書店にこんなに人が集まるもんなんだね~。
大型書店がオープンしたからって、
まさかこんなに大勢来るとは思わず。

何か珍しい本がないかとダンス本のコーナーに行ってみると、
「Corpus」という身体表現批評の本を発見。
ピナ・バウシュ特集なので買いました。
文庫本一冊買うのにレジで並ぶのはイヤなので、
しばらく落ち着くまで行かないと思うけど、
大通に書店があるのはいいよね、やっぱり。

レジを済ませた後、久しぶりにサンドイッチのお店
「さえら」に行ったんだけど、ここも激混みでした。
土曜日はいつも、こんなんですとお店の方。
土曜日に行ったの初めてだ、そういえば。
Junk

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

トークショー

ファイターズのトークショーに初めて参加しました。
坪井選手と渡部選手のお二人です。
いやー、面白かった。笑えた。

司会の質問に答えるだけかと思ったら
全然違いました。
坪井選手、トークが絶妙です。
会場を笑わそうと、事前に練りに練った感じ。
喋りの方もプロだわ!!

いつもブログを読んで「濃い」と思っていたけれど、
トークも濃かった。
オレンジのパーカーにダメージジーンズとお洒落だし、
髪もすっきりサッパリ爽やかでカッコいい~。
ファンになってしまった^^。
そして、上下とも数万円の服で身を固めた渡部選手に
「服にお金をかけずに、もっと親孝行しなさい」
と言っていたのは、さすが!と思いました。

4千万の車を契約金で買う予定だったり、茶髪にしたり、
遅刻といった2軍選手の行いを憂えた球団GMらが
巡回することを決めた云々と今日のスポーツ新聞に
書いてあったけれど、2軍の若手選手の皆さん、
なんだか変ですよ!

金子誠選手や、勝くんを見習ってくださ~い。
FFFFFでマックは「洋服には興味がない」と語っていたし、
勝くんは昔、ユニクロやGAPを着ていたらしい。

渡部選手も北海道出身なので応援したいけれど、
二人並ぶとやっぱりオーラやプロとしての意識の
違いがはっきりとするような気がします。
2時集合に遅刻はイカンでしょ。

3人で聴きに行って、一人が抽選会で来年の
カレンダーをゲットしました。
こんな楽しいトークショーなら、何度も参加したいな。


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

ミスト

監督:フランク・ダラボン
2007年/米

DVDレンタルして観ました。
原作はスティーヴン・キングですが、
ラストは監督の思いつきで変わっているらしいです。
公開当時、映画ファンの間で随分と話題になっていました。
後味がもの凄く悪いというのを読んで、
観るのを躊躇っていた映画です。

誰かのために自分の命を賭して行動した人は
助かっているのが、キリスト教的だなあ~と思います。
「無償の愛」を実行した人だけが天国に行けて、
その他の人は皆地獄行き……なのがキリスト教。
よく分からんけど。
間違いだったらゴメンナサイ。

助かりたいために他人を「生贄にしろ~」と叫んでいた
人の末路はヤッパリ!といった感じでしたね。
あの場所に残った人たちもおそらく助からなかったと
私は思います。
ヒステリックな群集の怖さ、愚かさの描写は、
劇団四季の『ジーザス・クライスト=スーパースター』で
「磔にしろ」と叫んでいた民衆と重なりました。

一番冷静に見えた人物(銃を扱える彼ね)も、
この映画では助からない。
冷静沈着な判断で、あの場面では仕方なかった
ように見えたとしても、やはりそれは単なる殺人。
当然と言えば当然な結果なのでしょうか。

そしてあの衝撃の、めちゃめちゃ後味の悪いラスト。
主人公のその後の人生は、まさに地獄でしょう。

「絶望」は進む道を誤らせるってこと?
何が人を救うのか?
もしかしてそれは希望だけなのでしょうか。
こうまとめると「ショーシャンク~」になるね。


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

好きな曲でも

レッスンで使用している曲が好きだ~。
気に入るとネットで歌詞やアーティスト名を
調べたり、曲を買ったりするのであるが、
この曲と振りは今月でお終いになってしまう。

丸々一曲振りをつけてもらって踊ってみたいなあ。
4週か5週で振りと曲が変わってしまうのが普通。
先生も大変だよね。
私も、もったいないような寂しいような……。

発表会に出ると、一曲踊れるんだけどなあ。
はあ、夢だな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

ハンドベルコンサート

先日の夜、シェラトンホテル札幌のチャペル前で
行われたハンドベルコンサートを聴きに行きました。
演奏者は、とわの森三愛高校の生徒たち。
約1時間で3~4曲と短い時間でしたが、
クリスマス気分を堪能してきました。
Handbell
携帯で写すとどうしても
手ぶれの写真になって
しまいますが、雰囲気は
伝わるかな?

演奏も良かったけれど、
真面目そうな誠実そうな子ばかりで
好感を持ちました。
なんだか清々しい気持ちになりました。
ここの高校はスポーツの方にも力を入れていて、
女子ソフトボール部や男子バレー部が有名らしいんだけど、
昨年だったか、男子バレー部員が集団で見張りをつけて
置き引きをしたと新聞沙汰になりました。

集団万引き、集団喫煙、集団飲酒など問題行動で新聞に
取り上げられるのって何故いつも体育会系ばかりなんだろう?
文科系のクラブでは、あまり聞かないような……。

「先輩に言われたら断れない」という面があるのかなあ
と推測しているんだけど。
チームプレイに大切な「和」とか「一体感」をそんな場面で
使わなくてもいいんじゃないの(汗)。
勝負の世界で鍛えられて精神的に肉体的に逞しくなる
ならいいけど、悪い方面も鍛えられてしまったら……。
すごい矛盾というか本末転倒というのか。
仕方ないのか。

……ハンドベルを聞きにいって、
こんなことを考えてるのも変か?


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

MILBAのバーゲン

時計台ビルにあるダンス用品のお店「MILBA」から
バーゲンのお知らせハガキを頂き、覗いて来ました。
とにかく安いです!
ダンススニーカーが7千円台とか4千円台から。
思わず欲しくなったけど、我慢我慢。
ジャズシューズもダンススニーカーもまだまだ使えるし、
当分壊れそうにないし。

エアロビクスにハマっていた頃は、靴底が磨り減って
滑るようになったら買い換えていたけれど、
ダンス用の靴ってどうなのかな?
私の使用頻度だと、全然ボロくならないみたい。

で、写真のユニタードを買いました。
色は紺です。胸元にファスナー付き。
昔の水着みたいだね。
Tシャツを着るので、デザインはあまり関係ない
のだけど、裾の部分が長めなのが良いです。
Milba

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

無くて七癖

ダンスのレッスン中、
「もしかして私のことかな(汗)」と
思われる注意を毎回、先生が口にする。

何度も同じことを言わせるんじゃねー(怒)とか
直してよね(イラッ)とか
先生は思っているかもしれない(汗)。

直したいのはやまやまなのですが、
こればっかりは簡単に直らないのが困ります^^;

自分には関係ないと思っているわけじゃない
ですから!
しっかり自覚はありますから~!

あまり何度も注意されるのは何だけど、
何も言われなくなってしまったら、
それはそれで困るかも。


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

年末に思うこと

不況の折、大企業で派遣社員などの非正規従業員を
削減する動きが続いているらしいですね。
クリスマスだ!忘年会だ!と世間が浮かれ気味の
年末に契約終了、解除だなんて、ショックだろうなあ。。。

私も昔、派遣社員を経験したことがある。
あの頃は、派遣社員は夢の職業のように宣伝されていた
ように思う。好きなときに休みが取れ、アルバイトやパート
に比べて時給が良く、技術が高い人はさらに高給で
誇りを持てる職業のようなイメージで。
私は普通の事務職派遣社員だったけど、
確かに時給は良かった。

大企業の戦略にすっかり踊らされていたことが
今ならよく分かる。
地味な仕事でも正社員でボーナスが出て、有給休暇を
取得できて、僅かでも昇給があって安定している方が
いいにきまっているものね。
もちろん正社員になれずに派遣社員で働く人や
事情が許さず派遣という人も大勢いる訳ですが。
労働者の使い捨てがまかり通る企業、
世の中って変だよね。
リストラ、人員削減、解雇などの言葉があふれる
年末って……なんだかな~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

ちょっと早めのクリスマス

Cake
Cake2
Cake3


12月に入った
ばかりですが、
早めにクリスマス
ランチしてきました。
中島公園に隣接している
ノボテル札幌1Fの
「カフェ・セゾン」で。

12月のデザートはノエル。
クリスマスといえばノエルですね。
全部で9種類のケーキを食べたけれど、
まだ他にも数種類ありました。
アイスもお腹いっぱいで入らず。

平日限定特典のタイムサービス実演コーナーでは
作りたての「フォンダンショコラ」を食べられました。
中からトロトロのチョコレートが出てくるケーキ。
これが一番美味しかった!

実はケーキの前に、ピラフやらグラタンやら
焼きそば他を食べています。
焼きそばは余計だったな(汗)。
サラダも食べ放題。ドリンク類も飲み放題。
料理の品数は丁度良かったと思います。
あまり多いと食べるのに忙しくて、ゆっくり
おしゃべり出来ないので。

ノボテル札幌って初めて利用したけれど、
西武百貨店前から無料シャトルバスが
運行しているので便利です。

帰りは大通で下車し、ミュンヘンクリスマス市へ。
グリューワインというホット赤ワインを
飲んで帰りました。
ミュンヘンクリスマス市も初めて行ったんだけど、
寒い中けっこうお客さんも来てますね。

一年分くらいケーキを食べたので、
もうしばらく食べなくてもいいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

手帳

新しい手帳を探すことが年末の楽しみの一つ
なのですが、使いやすくて、薄型で嵩張らない
ものを見つけるのがなかなか難しいです。
システム手帳などは立派だけれど、
いつも持って歩くにはちょっとね(汗)。
重い!
ただでさえ肩がこるのに、勘弁して欲しい。

左の青い手帳は11月に買って失敗したもの。
日記とまではいかないけれど、その日あった
出来事などをメモしておく欄がないことに
買ってから気が付いたのでした。

で、探していたところ、本屋さんで見つけました。
猫の表紙の手帳は、525円くらいと安い割には
私の希望にピッタリ。
いろんな表情の猫写真付きで癒されます。
最近は10月始まりとか9月始まりの手帳が
売られているけれど、私は12月始まりがいいかな。

Note

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« November 2008 | Main | January 2009 »