« リバーダンスキッズ | Main | cafe BOYS BE »

永遠のこどもたち

監督:JAバヨナ
出演:ベレン・ルエダ、ジェラルディン・チャップリン
2007年/スペイン=メキシコ
@シアターキノ

いろんな人とアレコレ語りたくなる映画でした。
怖くてちゃんと観ていないせいか、
どうも意見が分かれるんだよね。
謎が沢山出てきてしまった~。
もう一度観ればいいんだけど、怖いからそう何度も
観たい映画ではないわけで……。
「パンズ・ラビリンス」の監督ギレルモ・デル・トロが
製作なので観に行ったけれど、やはりホラーは
後々の生活に多大な影響が(汗)。
いや、怖いだけの映画ではないんですよ。
ラストはしみじみと涙が出たし。


これからは、ネタバレ怖い人は読まないでください。


・疑問その1
失踪の直接の原因は母親なの?
「戸は静かに閉めましょう」と書いている方がいて。
私は階段から落ちた脳挫傷だと思ったんだけど。

「餓死。
だから母親は自殺したのだ。」

という意見があって、それはあまりにも悲惨だし
悲しい結末過ぎるんじゃないかと。
ラウラの記憶がフラッシュバックで映されて、
そういう風に解釈出来なくもないんだな、これが。
でもそうすると、子供たちに囲まれ幸せそうな
あの映像はちょっと違うような気もするんだよね。

・疑問その2
トマスの姿をしてラウラをお風呂に閉じ込めたのは
シモンだったの?
私はトマスだと信じて疑わなかったのだけど。

疑問は沢山あるけど、
「達磨さんが転んだ」に似た遊びがあるように
「灯台下暗し」という言葉はスペインにもあるのね。
愛する人が失踪し、生きているんだか死んでいるんだか
分からないという状態は辛いんでしょうね。
心の整理が出来ないものね。

子供たちの残酷さが、この屋敷で起こった忌まわしい
事の発端になっている。
それこそが、最も恐ろしいことかもしれません。
幽霊よりも何よりも……。


|
|

« リバーダンスキッズ | Main | cafe BOYS BE »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39855/44049337

Listed below are links to weblogs that reference 永遠のこどもたち:

« リバーダンスキッズ | Main | cafe BOYS BE »