« 更新 | Main | FAX »

ブラインドネス

監督:フェルナンド・メイレレス
出演:ジュリアン・ムーア、伊勢谷友介、木村佳乃
2008年/ 日本=ブラジル=カナダ

メキシコで豚インフルエンザに感染したとみられる患者が千人を
超えたと騒がれている今こんな時に、こんな映画を観てしまったよ。

ある日突然、車を運転する日本人男性(伊勢谷友介)が
「目が見えない」と言い出し、彼が診てもらった眼科の
待合室にいた患者や医師らが次々と感染する。
感染力の強いウイルスに侵された彼らは、
古く使われなくなった精神病院に強制隔離されるが……。

白い霧状のものに覆われ見えなくなること(真っ暗にならない)。
ある「場所」に集められた集団にグループ間の確執や
闘争が生じること。ラストシーンの感じ。

なんだか映画「ミスト」と似てますね。
聖書の中に、そういう記述でもあるのだろうか?
極限状態になると人間の本質が露わになるっていう映画は、
よくありますが。

「ブラインドネス」には原作があって、ノーベル文学賞受賞
作家ジョゼ・サラマーゴの小説「白の闇」らしいです。

隔離施設に集められた人たちが自分のベッドを決めるときに、
「3番、金融アドバイザー」などと名前ではなく職業を言うのが変!
と思って観ていると、次第に職業や人種などは全く意味を
成さなくなる。混乱と無秩序の世界。汚物垂れ流し。

ただ一人目が見えるのが、良妻でケーキも手作りするような
主婦だったジュリアン・ムーアというのが意味深ですね~。
でも、「目が見える」ということが凄い優位な感じには
描かれていないように思います。

一人だけ見えることで苦労を背負わねばならず、
見えなければ犯さなかったかもしれない殺人に手を染め。
ダンナの浮気も分からなかったかもしれないし……。

男たちの中に「銃」の力で君臨する王が現れ、
貴金属と引き換えに食料を渡すと言い、
終いには女性を差し出せと言い出すのに、
他の男たちはそれに抵抗しないんだよね。

ちょっと~、情けなくないですか?>男衆。
最初に戦ったのが、ジュリアン・ムーアですよ。
普通の主婦だった人ですよ。

腹立つのが、見えないのに女性の身体を値踏みし、
若くない人を「ゾンビ」だと言い放ち殺してしまうところ。
男って……。男って……。(以下略)

ちょっと年取った黒人男性の声でナレーションが入るんだけど、
なぜこの男性なのか?も気になります。
共に生活し助け合った仲間との強い絆の中で、人生で一番の
安らぎや安定を感じている風だったのが救いでしたね。


|
|

« 更新 | Main | FAX »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39855/44798761

Listed below are links to weblogs that reference ブラインドネス:

« 更新 | Main | FAX »