« April 2009 | Main | June 2009 »

May 2009

劇団四季「ウェストサイド物語」

@北海道厚生年金会館

劇団四季の「ウェストサイドストーリー」観てきました。
素晴らしかった!
ダンス満載の映画を生で演じたら……
それはそれは大変だと思うのだけど、
あれだけ踊った後で台詞もキチンと言って。
凄いです。

トニーとかマリアとか、外国人を日本人が演じるのは
ちと無理があるような気がしていました。
だから四季の作品も、どちらかというとオリジナルの
方が好きでした。今までは。
でも、全く違和感を感じませんでした~。

金髪も茶髪も当たり前の世の中、顔が小さく手足が長く
体つきも欧米化(?)しているからかな?
シャーク団のアニタはプエルトリコ系なので、
顔を黒っぽく塗り、姐御肌で難しい役では? 
増本藍さんが凄いカッコ良かったです。ピッタリ。
リフ(田邊真也)、ベイビー・ジョーン(大空卓鵬)、
ベルナルド(萩原隆匡)も良かった。
皆さん外国人でした~。

若者がたむろする店の店長ドックやクラプキ巡査
もイイ味出してたし。
ジェット団の中の一人が、なだき武と友近のお笑い
ディラン&キャサリンのディランにそっくりで
密かに笑えました。

トニー(福井晶一)とマリア(笠松はる)の歌が見事!
あんまり見事なので、口パク?とか思ってしまった。
ダンスも堪能させていただきました。
ダンスが多くて嬉しかった。

席も顔がハッキリ見える良い席で満足です。
ただ、スピーカーが近すぎて音が大きくて
最初どうなるかと思ったけれど、
始まってしまうと大丈夫でした。

20世紀少年

監督:堤幸彦
出演:唐沢寿明、香川照之、石塚英彦、宇梶剛士、ARATA
2008年/日本

原作は浦沢直樹の漫画らしい。
原作の少年に似た子役を選んでから大人の役者を探したのか、
それとも大人の俳優が先で、似た子役を抜擢したのか……。
どうでもいいことが気になったりしている。
それにしてもピッタリだね!
子供時代はこんな顔をしていたに違いないって子ばかり
よくまあ集めたね。

ケンヂ、オッチョ、マルオ、ヨシツネ、フクベー、モンちゃん

宇梶剛士と唐沢寿明が同期って、ピンとこないけれど。
唐沢寿明が主役のケンヂってのもまたピンとこないんだよね。
でも映画は面白かった。
全然期待しないで観たのが良かったかも。
赤ちゃんだったカンナが成長した第2章も観たい。

久しぶりにイイ男ARATAを見たなあ。
まさかこんな役で出ているなんて。
もろオ○ム信者^^;。

新型インフルエンザで大騒ぎの今、この映画も結構アレだよね。
謎のウイルス騒ぎ(細菌兵器?)が起こる順番がサンフランシスコ、
ロンドンの次が大阪とか。
「感染列島」もレンタルして観なきゃ。
こういう状況では、どういう態度をとるべきかお勉強。
悪趣味?>自分

下取り

大丸札幌で靴の下取りキャンペーン中なので、
私も不要の靴を持って出かけました。
一足につき千円のクーポン券と引き換えてくれます。

ここ数年、サンダルを買うたびに失敗している私。
重くて足が痛くて履いていられないサンダルが
下駄箱に増えていく~。
数回履いただけで捨てるわけにもいかないし。

ってことで、この企画は嬉しいです!
クーポン券は何枚貰っても、新しい靴を買うときに
一足に一枚しか使えないのが残念な気もするけど。
靴のまとめ買いって、しないしね。
使用期限があるのも残念。
秋の靴を買う時にも使えたらいいのになあ。

とりあえず、すっきり。>下駄箱
家電製品の下取りはあったけど、ライトオンで
ジーンズの下取りまでしてるのは驚いた。


乗越たかお氏のブログ

先日観たスタジオマインド公演「市民ホールで踊ろうよ!」の
感想を書いている人がいないか検索していて、
舞踊評論家の乗越たかお氏のブログを発見しました~。
公演のことにも触れています。
なんかすごいなあ。
乗越たかお氏の著書に登場したりするのかな。>マインド

乗越氏ブログはこちら。
http://d.hatena.ne.jp/nori54/

酸欠

日ハムの藤井秀悟選手のブログ(http://ameblo.jp/yakyukozo/)に
「酸欠」というタイトルの記事を見つけ嬉しくなった。
おお、藤井選手ならきっと分かってくれる、みたいな。
ますますファン度アップです!heart

私はスタジオで酸欠でクラクラ状態になって
踊れなくなったことが何度もある。
人に言っても、「精神的なものが原因じゃない?」と
言われることが多いし、
「いいわね、いつでも具合悪くなれて」などと、あたかも
「難しい振りで踊れない時に言い訳にしてる」みたいに
言われたことさえあるんだよね。

好きでフラフラになっている訳じゃないのに、あんまりだ!
と思うけど、健康で体力的に問題のない人は
他人の痛みには鈍感なような気がするね。
たまたまその人がそういう性格だっただけ?
経験しなければ分からないってこと?

人の気持ちに無頓着な人がダンスの舞台に
立っていることが、なんか嫌!
コンテンポラリーとか踊らないで欲しい。
……て、ダンサーに対する期待が大きすぎる?>自分

私は肉体的な原因をある程度分かっているので、
サプリなどで治すように努力してるんだけど、
藤井選手も貧血?もしかして・・・・・・。

市民ホールで踊ろうよ!

-元気に北海道!華激に舞人!-
5月10日@札幌市民ホール

開場時間の15分前に行くと、既に長蛇の列。
肌寒い中、皆さん気合が入っているなあと感心します。
私の後ろにもすぐに長い列が出来て蛇行するので、
それほど寒さも気にならず。
でも後ろの方がゲホゲホ咳をしていて、
今日は私もなんだかカゼっぴきで、
出たいレッスンがあったのに休んでしまったよ(涙)。

振付者の個性が作品に反映されているように感じました。
いつもより強くそれを感じました。
それぞれの作品に特色がありました。

知人に「どの作品が一番好き?」と質問されて、
考えてみたけれど今回は難しいなあ~。
強いてベスト3を選ぶならば……。

 村上 圭氏振付  「be able men」

  もしかしてmind公演では異色な作品?
  見事な技と新鮮さに拍手。

 向井章人氏振付  「advance~sign…~」
  
  観ているとイメージが膨らむ作品。
  学ランを想起させる衣装で、過ぎ去った10代の頃を
  懐かしむ作品か?などと勝手に解釈させていただきました。
  全然違うと思うけど(汗)。

 山内一豊氏振付  「Departure」

  ヒップホップとバレエの融合?
  男性が4人しかいなかったなんて~!
  迫力あるし、ストーリー性も感じさせました。

ちなみに、1位~3位は決められませんので。
フィナーレも、このスタジオらしく盛り上がり楽しめました。
よさこいも近いですしね。
出演された皆様、スタッフの方々、お疲れ様でした。

血豆?

足の親指に血豆が出来てしまい痛い。
かなり巨大な血豆って言うか、豆じゃないよ、これ。
放っておけば固まって治るのかな?

GW中、某スタジオhttp://www.mind-j.com/の
ワンコインレッスンを受け、裸足で踊ったからなのだけど、
重心が低すぎて親指にばかり負担がかかっていたせい?
ジャズ・コンテンポラリーに初めて挑戦してみました。
難しいし体力的にハードだったけど、
先生が可愛らしく魅力的で楽しかった^^
普段はジャズ・ヒップホップを教えている先生。
今度からコンテンポラリーのクラスも持つのだろうか?

初めてのダンスにダメもとでチャレンジ出来るのが
嬉しいよね。>ワンコインレッスン

しかしGW中休まずに、しかも500円とリーズナブルな
価格でレッスンをしてくれる先生方には頭が下がりますね。
感謝ですね。

5月10日に札幌市民ホールで公演を予定していて、
今はリハだの何だので凄い忙しいみたいなのにね。
会場が新しい札幌市民ホールというのも楽しみ!
チケットをまだ買えるらしいので、観たい人は急ぎましょう~。

桜とファイターズ

今日は、「日ハムVS西武」戦をファイターズグルメ
アリオ店で観てから買い物と欲張りな(?)一日。
サッポロビール園では桜が満開で、
お花見もできちゃいました~。

前から一度入ってみたかったファイターズグルメ。
「観戦プラン1480円飲み放題付き」
ピザとポテトと鶏のから揚げ、オニオンフライという
高カロリーメニューをいただきながら応援。
Ario2人分巨大ピザ
Ario2
Ario3
2時間飲み放題なので、
試合途中でお店を出なければ
いけないのがチト残念だけど、
雰囲気が良く楽しめました。
ビール園の黒ビールアイスも美味でしたよ。
エビスビールを飲みながら
ソフトクリームを食べている感覚。

« April 2009 | Main | June 2009 »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ