« July 2009 | Main | September 2009 »

August 2009

アルバム

ここ数日、写真の整理をしてアルバムに貼る
作業に没頭してました。
種類豊富そうな西武ロフトにアルバムを
買いに行くことからスタート。
昔ながらの増やせる重くて嵩張るアルバムは
隅の方、下段に追いやられてました。

リングホルダーにどんどん追加したり、
台紙が黒いものが人気、売れ筋なのかな。

10年くらいずっと整理していなかったんだけど、
写真は思ったほど増えていませんでした。
旅行をしても、写真を撮らなくなったしねえ。

「うわっ、ブス。見たくない、貼りたくない」
と思った写真でも、数年後には色んな感慨と共に
見ることが出来ることに気が付きました。

現在の歳の自分を残しておくことも必要かもね。
急激に老化が進んでいるような気がするこの頃、
そんなことを思っています。

スープカレー CHUTTA!(チュッタ!)

短大の頃からの友人と会って、
おしゃべりとランチを楽しんできました。
お盆に集まったのは英文科の同級生で、
今日の彼女は国文科卒でクラスが別だったんだけど、
縁があって学生の頃から割とマメに会って
お茶する友達。

ランチは、スープカレーのチュッタ!琴似店へ。
エスニックな店内もGood!だし、
カレーも美味しくって大満足。
私は琴似店限定メニュー
「2種の豆腐とひき肉のカレー」にしました。
絹ごし豆腐と揚げた豆腐が入ったカレーで、
ヘルシーなので女性に人気らしいです。
ご飯は2種類(普通or玄米)から選べます。
ドリンク付きで1,050円。

琴似のスープカレー店巡りしたいかも。
西区琴似1条1丁目6-19
火曜日定休
Curry


小豆ソフト

アイスといえばカロリーの低い「ガリガリくん」を
食べているんだけれど、たまにはコッテリした
ソフトクリームを食べたくなった。
で、六花亭の小豆ソフト!
これが実に美味だった~。

ダンスを頑張り、以前の体重まで落ちたと
喜んだのも束の間。
あっという間に元通り。
ブログを読んだだけで原因が明らかだわね^^;

Ice

話題のパン

先日の飲み会で話題になったパンを
スーパー2店でゲットしました。

どちらも捻った小ぶりのパン3本入り。
クリームの色がちょっと違う。
サンスネーク(ヤマザキ)の方がバタークリームぽい。
ようかんツイスト(日糧)はホイップクリーム。

「スワニー」(うろ覚え)とかいうbigサイズの
捻じってないパン(ロバパンかな?)もあるはず。

小ぶりの方で1本290Kカロリーもするんだけど、
美味しくてつい3本いけちゃいます。

Yokan
Yokan2
Yokan3

目撃者

今年もお墓参りを済ませましたが、
お供物を狙うカラスの中の一羽が
くわえて飛び立ったものを途中で落としてしまい
悔しそうだったのを見ました。

これは「お供物はお持ち帰りください」という
立て札を無視して置いていく人が悪いんだけど、
今日はもっと凄い現場を目撃してしまった~。

場所は、JR札幌駅のホーム。
売店からパンをくわえて飛び去るカラス。
私を含め3人くらいが犯行を目撃しました。
売店の人に知らせに行った方がいて
おばちゃんも苦笑してました。

恐るべし>カラス
洗濯ものを干すハンガーをくわえて飛んでいた
のを見たことはあったけど。
重さも大きさも関係なし?


MOONWALKER

コンビニに行ったら目に留まり、思わず衝動買い。
「マイケル・ジャクソン主演・原案・製作総指揮による
ただ一つだけのミュージカル!」だって。

本当に惜しい。
早すぎた死だと、しみじみ思います。
Michael

日ハム VS 西武 夏休みシリーズ

2日間続けてお酒飲んでました。
14日は札幌ドームで。

一塁側A指定席を買うために当日券売り場へ行くと、
長蛇の列。夏休みだから?
我々はファンクラブ会員割引で3,300円。
金曜日はオヤジ半額デー。
やたらとオヤジが多い。

これからは金曜日観戦は止めよう!と意見が一致。

ダルビッシュが投げ、マックがお立ち台で、
気持ちよく勝てて、帰りに出口でバナナを一房ずつ
いただき、何か得した気分で帰りました。
マックは疲労が顔に出ていたように見えたけれど、
疲れるよね~。移動した日に試合だもんね。
選手の皆様、お疲れ様です。
そういえば昨日の飲み会でファイターズファン
(野球を見る人)は私一人だったよ。


再会

お盆の13日、短大時代の旧友に再会した。
卒業以来の人や10年ぶりの人など総勢7名。

皆すっかりオバサン化!誰だか分からなかった~
という恐ろしいことにはならず。
そういえば専業主婦という人はいなかったなあ。

卒業後初めて会う人も私のことを○○さん!と
すぐに分かったので安心した。
学生時代は特に目立つ訳ではなく、成績優秀でもなく、
誰とでも親しくしていた訳でもないんだけどね……。
意外なところで接点があったりして驚く。

一次会、二次会と場所を替え、4時間半。
話題はメルアド交換に始まり、近況、昔の思い出話、
名前と顔が一致しないけど、どんな人だっけ?
と想像した通りの展開。

意外だったのは、北海道限定のパンの話だった。
普通のコッペパンに白いクリームが挟んであり、
上側表面には羊羹が薄く塗られたパン。

北海道より東京生活が長くなってしまった友人が
「こういうパンって知ってる?」と振った話で
大盛り上がり。一番盛り上がったかも。

私を含め3名は「アレだ!」とすぐに反応したけれど、
全く知らない、食べた記憶がないと言う人も。
スーパーの菓子パンコーナーで普通に買えるパン
なんだけどね。
翌日さっそく近所のスーパーに買いに走った。
置いてなかったので、食べたことがない人は
タイミングの問題かも?
とにかく「北海道限定」なのがビックリだわ。


クリムト、シーレ ウィーン世紀末展

はるばる芸術の森美術館まで観に行きました。
クリムトもシーレも、「どうしても観たい!」って程じゃ
なかったのだけど、これを逃すと札幌では観ることが
出来ないと思ったから。

------------------------------------------

クリムトは「黄金を多用した華麗な装飾的画面の中に、
怪しく官能的な女性美を追求」した画家。

シーレは「自画像で知られる夭折の天才。人間の生と
死を見つめ、痛々しいまでに人間の内面を描き出した」
画家。

「エロス」は二人の共通したテーマ。

(ルアより引用)

------------------------------------------

クリムトの名作《接吻》を好きな友人がいて、
部屋に複製画を飾っているんだけど、
私は全然好きじゃない。
家の中に飾りたいと思わないなあ。
なんか金ピカで疲れそう。
シーレは痛々しい絵ばかりで……。
昔「エゴン・シーレ」(映画)を観たけど、
映画も痛々しく重かったという記憶あり。

美術館に行くと必ず買うポストカード3枚。
とキャンディ缶。
クリムトの《パラス・アテナ》の缶です。
Klimt
ベロ出してるのが、
茶目っ気あってイイよね。
「批評家たちに対する挑発」
だったと言われているらしい。

Wien
花の下で珍しいものを見た。
それは…ナンと!蛇の抜け殻。
脱皮した後の皮?
さすがに触ってみる勇気は無かった。


« July 2009 | Main | September 2009 »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ