« 裸の付き合い | Main | バンクーバー冬季五輪 »

さまよう刃

現在、蠍座で映画が上映されているし、
文庫もかなり売れているようなので
問題作なのかなと思い読んでいたところ、
またもや犯人が未成年の残虐な事件が(汗)。

この小説「さまよう刃」の犯人は18歳。
大勢の少女をレイプし、警察に届けられるのを
防ぐために犯行の様子をビデオに撮って脅す
という悪魔のような少年2人。
覚醒剤を使ったところ、少女がショック死してしまい
バレないように死体遺棄。
車を貸しただけだが犯行に係わっていた少年が
ある理由から、亡くなった娘の父親に犯人を教える。
父親は娘の仇討ちに奔走することになり……。

未成年だからという理由で守られる制度に対する
疑問や問題提起。
被害者の親族が警察や裁判には任せておけない
という気持ち。父親への同情、共感などなど。
何が正義なのか?
答えは出ない。

小説では、バカ息子を庇う親が出てくるけれど、
私にこんな馬鹿アホなトンデモ息子がいなくて
本当に良かったと胸を撫で下ろしたよ。
これはあくまでも小説の感想ですが。

« 裸の付き合い | Main | バンクーバー冬季五輪 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39855/47539910

Listed below are links to weblogs that reference さまよう刃:

« 裸の付き合い | Main | バンクーバー冬季五輪 »

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ