« バンクーバー冬季五輪 | Main | インビクタス 負けざる者たち »

風が強く吹いている

三浦しをん著(新潮文庫)

久しぶりに面白い小説を夢中になって読んだ。
映画化もされているけど、映画は未見。
箱根駅伝。
お正月には必ずTVで観る方が多いようだけど、
「なんであんな地味なスポーツが面白いんだろう」
といつも不思議に思っていた。
この小説を読んで、ちょっと考え方が変わった。
これからのお正月の過ごし方!駅伝!

「きみの価値基準はスピードだけなのか。
だったら走る意味はない。新幹線に乗れ!
飛行機に乗れ!そのほうが速いぞ!」

主人公の走(かける)たち竹青荘の住人を
走る世界に巻き込んだ清瀬の言葉。
なぜ走るのか?
苦しく辛いのに。
その謎が解けるような気がする。

長距離に本気で取り組んでいる人から見ると
あり得ない!話なのかもしれない。
たったの10人で箱根駅伝に出ちゃうってこと。
漫画オタクの王子のような人までいるし……。

純粋に「走る」ことが好きという気持ち。
ただスピードを追求するだけでは決して
芽生えない、強まらない仲間との信頼関係。
こういう人たちはきっと色々な意味で
強いだろうなと思った。
羨ましかった。

« バンクーバー冬季五輪 | Main | インビクタス 負けざる者たち »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39855/47599162

Listed below are links to weblogs that reference 風が強く吹いている:

« バンクーバー冬季五輪 | Main | インビクタス 負けざる者たち »

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ