« 後半戦に向けて | Main | 後半戦スタート 対オリックス »

扉をたたく人

監督・脚本:トム・マッカーシー
出演:リチャード・ジェンキンス/ヒアム・アッバス/ハーズ・スレイマン
2007年/アメリカ

ジャンベ(アフリカン・ドラム)が縁で知り合った
若者と中年男性の交流を描いた、音楽溢れる映画
かと期待して観たらば……、微妙に違いました。
9.11以降、グリーンカードを持たない移民に対し
非情で人間味のないアメリカの現状を描き、
ちょい重め。差別意識などもあるのかな?

映画の冒頭、コネチカットで暮らすウォルターの家の
扉をたたくのはピアノ教師。
大学教授のウォルターはピアノを習っていましたが、
プライドが高く、ピアノ教師を次々とクビにしてしまう
少々頑固なオヤジです。

ある日、出張でニューヨークの別宅を訪れた彼は、
見知らぬ若いカップルと知り合うことに。
シリアから移住してきたジャンベ奏者のタレクと
彼の恋人でセネガル出身のゼイナブ。
彼らとの交流を通して、ウォルターの生活は
次第に変化していくのでした。

ゼイナブに出身地を訊ねた女性が、「ケープタウン」
云々と全く方向違いなことを言います。
これって、とても笑い事じゃないです。
南アとセネガルの違いは分かっても、全く未知の国。
セネガル、シリアは映画でも滅多にお目にかからない
国ですね。タレクの父親はシリアでジャーナリストでした
が、記事の内容が原因で投獄されたとか。
いろいろと難しい国のようで。
いやー、映画って本当に勉強になるなあ。

ウォルターがジャンベにハマっていく様子とか
ピアノを習っていた理由は実は……とか
タレクの母親との交流とか、
観る人によって、お気に入り箇所が多種多様に
分かれる映画かもしれません。

|
|

« 後半戦に向けて | Main | 後半戦スタート 対オリックス »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39855/48984399

Listed below are links to weblogs that reference 扉をたたく人:

« 後半戦に向けて | Main | 後半戦スタート 対オリックス »