« November 2010 | Main | January 2011 »

December 2010

今年最後のレッスンは

ダンスのクラスで気持ちよく踊って終了
と行きたかったけれどそうもいかず、
ヨガや太極拳などの動きを取り入れたクラスで
汗を流して終了となりました。

レッスンの最後はマットに横になり瞑想(?)。
頭から言葉や画など、こびりついたイメージを
追い出して空っぽにする時間が少しだけあります。

この時に使用していた曲が、気になる~。
おそらく映画の曲だと思うんだよね。
なんだっけ?
気になって、ちっとも空っぽにならなかったよ。>頭の中

もしかすると「ブレードランナー」のラストの曲かなあ。
この映画、完全版と最終版とではラストのシーンが
違っていて、どっちかしか使われていないんじゃなかったっけ?

大好きな映画「ブレードランナー」。
お正月は見比べすることになりそうです。
あまりお正月向きではないような気もするが^^;

この拙いブログを読んでくださっている皆様も
よいお年をお迎えください。


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

小谷野選手と献血、そして坪井選手

「LOVE in Action プロジェクト ご当地大作戦!」

プロゴルファーの木戸愛さんらと共に、若者に献血への
協力を呼びかけたイベントだそうです。
22日の「ガンちゃんと楽しい仲間たち」終了後に東京へ
帰ってしまったと思い込んでいたら、昨日はファクトリーで
イベントに参加していたのね。>こやぴー選手

残念ながら私は貧血が酷いので、何度献血ルームへ行っても
比重不足のため断られ、一度も経験がありません^^;

こやぴー選手、社会貢献に興味があると言ってたけれど、
精力的にいろんなことに関わっていますね。
こやぴー選手自身、若いのに立派だなあと思います。
私が30歳の頃なんて、自分のことで精いっぱいだったよ。

一旦申し込んだものの、行けなくてキャンセルした坪井さんの
トークショーにも小谷野選手が参加していたようで……。
申し込みしたときは、「もしかすると小谷野選手も」という会話を
したんですよ、相方と。
私の勘は当たっていたのね!!
無理してでも、行けばよかった~>坪井選手トークショー

坪井さんトークは面白い!
「60歳まで現役でプレーしたい」と言ってらした坪井選手。
ですが……坪井さんが解説する試合って面白いかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

今年のケーキは

22christmas

これ!でした。
席を外したその間に、ケーキカット終了。
ちょっと寂しいかも。
一人で半分くらいなら食べれそう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

ガンちゃんと愉快な仲間たち

AEDを寄贈するためのチャリティオークションに
参加してきました。@札幌コンベンションセンター

坪井選手の呼びかけで、今年はガンちゃんが加わり、
小谷野選手、信ちゃん、二岡さん、ひちょりん。
豪華メンバーが並びました~。
しかもグッチーさんが司会でした。

ひちょりん、まさかの参加に大感激。
行って良かった!!
事前情報では、坪井選手と小谷野選手しか分からなかった
ので、開場前に相方と交わした会話は…

「ひちょりんが来ないかな~」
「まさか、もう来ないでしょ」

しかも、ひちょりんはスーツ姿ですよ。
ひちょりサンタは見れないけれど、
生スーツ姿を見れたからいいや!

でも、私と相方はスタンド席の上の方、しかも隅っこ
だったので、選手の皆様は遥か遠く……。
それでも、舞台左にスクリーンが設置されていたので
選手の表情が分かって良かったです。

近くの席の方が、勝さんのパーカーや金子選手の
バットを落札してました。
オークションって初めてでしたが、1万円札が飛ぶように^^;。
驚いちゃった。

私たちって場違い?って感じだけど、
100円じゃんけんオークションやチケットによる
抽選会もありました。

救急救命の講習は過去2度ほど受けたことがあり、
AEDの使い方も一応習っています。
昨日のイベントでは、使い方はサラリと済ませてましたね。
人工呼吸や心臓マッサージが難しいんだよね。
ガンちゃん、心臓マッサージが上手!

高額で落札された方々は、選手と握手だ!ハグだ!と
特典もいっぱいでしたね。
入場者全員が選手の皆様とロータッチ出来たんだけど、
私と相方は少々急いでいたので、
今回はスルーさせていただきました。
来年もこのイベントがあったら参加しようと思います。


…坪井さんは、来年は参加出来ないかもしれないんだよね…。


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

右手?左手?

野球選手の方々と握手するとき、
差し出す手は右手なの?左手なの?

右利きの私は何も考えず右手を出してたけど、
もしかすると選手は利き手をあまり
使いたくないかもーーと思い至った。
大変遅ればせながら^^;。

緊張するし、そこまで気配り出来なかったけど、
握手にしてもハイタッチにしても
マナーというか、スマートな方法というか
そういうのがあるかもしれないね。

初心者の私は何だかアホっぽい。
タイミング悪い。


ていうか、もっと周りを見なさい^^;
空気読めってことかもね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

小谷野選手トークショー@大通ビッセ

221219


写真は、トークショーの後で食べた「オムパフェセット」。
小谷野選手の写真は撮れませんでした。
ダンスレッスンの後に大急ぎで行ったけど、
完全に出遅れました~。
握手出来る人100名だっけ?の周りに大勢の人がぐるりと。
遠くから背伸びして人と人の隙間から拝見しました。


きっと他の方々は、かなり早くから見えやすい
位置を確保してたんだろうね。
私もサウナは我慢して、急ぎに急いだんだけどな。
気合が違う!!って言われそう^^;

ダメもとで行ったのに、こやぴー選手の笑顔を
見れたし、声もちゃんと聞こえたし大満足です。
笑顔満開の小谷野選手。
温泉効果なのか、お肌もツルツルぴちぴちって感じ。
やっぱり若いんだなあ……と思っちゃった。

ちょっとショックだったのは、

「パソコンは触ったことがない」

と小谷野選手が質問に答えていたこと。

「メールするより電話した方がいいと思う」云々
と言ってたなあ。

がーん!!
もしかすると「小谷野」で検索して、
もしかして私のブログも読んでくれたかも
と勝手に良い方に妄想してたけれど……^^;

やっぱり完全に妄想だったわ(泣)。


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

コンドルズ 「ELDORADO」

深夜1時30分頃、寝付けないのでTVを点けたら、
NHKでコンドルズの「ELDORADO」を放映してました。

初めて見た~>コンドルズの舞台
全員学ランで、男臭いグループで一応ダンスを
踊るという認識でしたが、なんだかな~。

ダンスよりもコントという印象の方が強いです。
あんまり笑えないコントが延々と続いた感じ。
やっぱり言葉のプロである芸人さんのコントとは違うように
感じたし、ダンス専門の集団でもないし・・・・・・。
ダンスと演劇を組み合わせた舞台というと、
ピナ・バウシュを思い出すけれど、
比べたら失礼だよ、多分^^;

ダンスの比重が大きい方が好きです。
それでも……近藤良平さんが出てくると舞台が
ピシッと締まるような気がするな。

30分ほど見て寝てしまいました。
今後もし札幌で公演があっても、
お金を出してまで観ないと思うぞ^^;

| | Comments (1) | TrackBack (0)
|

インフルエンザ

予防接種をやっと済ませました。
気管支が弱い人は受けた方が良いとのことです。

東京にいた頃、喘息を発病し、
運動することを習慣にしたら、気管支拡張剤などの
薬に頼らなくてもよい状態にまでなって、
北海道に戻ってからはすっかり治ったと思っていたけど、
風邪をひくとやっぱり咳が長引くんだよね。

毎年、ワクチン接種している人は腫れるかもしれない
と言われたけれど、今のところ大丈夫。
でも、ちょっと熱っぽい。
うーむ、これは……?

注射したのは昨日なんだけど。
今日はサッサと寝ますよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

忘年会

今日は急きょ忘年会。
@銀座ライオン札幌ステラプレイス店

221211


ソーセージ4種盛合せ
大根ジャコサラダ
鉄板ナポリタン
生ハム

などを食しながら、備前焼ジョッキでビールを。
冷たさが長続きするジョッキなんだって。
最初は生ビール小で乾杯でしたが、
喉が渇いていたので、あっという間に飲み干しちゃった。
寒くなってからはビールをほとんど飲まないので、
9月に札幌ドームのスポーツスタジアムで飲んで以来かも~。

屋外は寒いけれど、買い物で歩き回って汗をかいた
後のビールは美味でした。
たまにはお洒落な店で飲みたいと思うけれど、
なんだかんだとビールが美味しいこの店に落ち着くんだよね^^;

2,800円で飲み放題お料理5品付のコースがありました。
そんなに飲めないからと単品で注文したけれど、
コースの方がかなーりお得だったわ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

F党宣言!

北海道新聞に日本ハムファイターズに関するコラムを
書いておられる、えのきどいちろうさん著。

買おうか迷っていたら、貸してくれる人が現れた~。
出版を記念した道新でのトークショーにも応募したけど
外れたみたいね。音沙汰なしです。

小谷野選手のことや知ってる選手の名前を探して読んでいる
段階です。最初の方は難しっ。
面白い!のは、日暮里「絵里花」に関する文章。
ひちょりんが打席に立つと無口になるお父さん、泣けます。

選手の両親や奥様や兄弟姉妹はどんな気持ちで試合を
観ているのだろうか?と思ったよ。
ファンなりたての私でさえ、

「併殺になりませんように」「お願いだから出塁させてー」

と祈るような気持ちで観てるから。

それにしても、ひちょりん!
いつか行ってみたいと思っていた稀哲くんの実家は
これからは横浜ファンで埋め尽くされるのだろうか?
Book


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

腰痛

咳をした拍子に腰がギクッとなり、
痛みがなかなか治まらないので休んでいた
ダンスレッスンを再開しました。

あまり無理な運動はしない方がいいのかと安静にしてたけど、
逆に軽い運動で温めた方がいいんだって。
肩も凝ってバリバリ~。

整体とか整骨院とか鍼とか。
一度も経験がないんだよね。
自然治癒でオッケーです。今のところ。

腰とは別の理由で、仕事の関係で、
バレエのレッスンに出るのが難しくなります。
昼のクラスばかりだから。
バレエをサボっていると腰痛になるような気も
するんだよねぇ。腰を反ってしまって。
歩き方の変なクセがあるのも悪いような。

仕事優先なので4月までは仕方ないです。
腰痛が悪化しませんように。


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

思ったよりもずっと

先月から今月にかけてファイターズのトークショー、
ディナーショーなどが開催されていますが、
思ったよりも参加した方からの情報が少なく
つまんないです。

野球ブログでも記事がチラホラ。
ブログをやっているファンが少ないってこと?

気になるのが、小谷野選手と金森選手のトークショー。
野口観光さん@朝陽亭は18日。

参加される方、いいなー。
両選手も朝陽亭にお泊りするのだろうか?
浴衣姿の二人とすれ違ったりするのだろうか?

先日のトークライブ@グランドホテルで
小谷野選手、武田久投手、陽選手、大野選手が参加者300名
と一人ずつ握手してくれて、選手も大変だなあと思ったけれど、
握手してもらったファンはしばらくその思い出で
幸福感にひたれるんだよね。
私は緊張して頭真っ白になったけど^^;

ああ、次に握手出来る機会は来るのだろうか……。
ハイタッチは出来そう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

建山投手と稀哲くん

建山投手のメジャー移籍が決まった!
と喜んでいた同じ日、
ひちょりんの横浜移籍まで発表に……。

DEナイトを聴いて、泣けたよー。>ひちょりん

でも、ひちょりんの気持ちは理解できるような気がするよ。
おそらく言葉では語りつくせないくらい様々な想いや
迷いや葛藤があったと思います。

ひちょりんが横浜へ移ることで、
来季は横浜もAクラス!
そんなに劇的に変わらないかもしれないけれど、
少しずつでもチームに変化があるといいね。

大好きなオジイチャンに、いつも元気な溌剌プレーを
見せることが出来ますね。
私もセ・リーグの試合、これからは観ることにしますよ。

建山さん、ひちょりん、
新しい舞台で活躍して輝いてください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

ロバート・ハインデル版画展

お歳暮と滑りにくい靴を求めて丸井今井まで行ったところ、
ロバート・ハインデルの素晴らしいシルクスクリーンで
目の保養も出来ました~。


美しいダンサーを描くことに人生を捧げた「現代のドガ」
ロバート・ハインデル。
以前「美の巨人たち」という番組で知り、
生で観たいものだと思っていましたが、
思いがけず観る機会に恵まれました。

http://www.art-obsession.co.jp/contents/artists/heindel/silkscreen/index.html

欲しいから「買っちゃえ~」というような訳にはいかない
お値段ですので、観るだけです……。
買って帰っても、飾る場所もないしね^^;

先日の日本ハムプレゼンツ、プレミアムトークライブでの
質問を思い出したよ。

「今までで一番高い買い物は何ですか?」

久くん、こやぴー選手は「車」。「ベンツ」。
陽くんは「奥様に贈った指輪」。
大野くんが「家」。
親に買ってあげたというので客席どよめきました。
孝行息子ですね。

数十万円の版画をポンと買ってくれる太っ腹な人が
現れないかな~と妄想しちゃいましたよ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« November 2010 | Main | January 2011 »