« 踊り始め | Main | プロ野球スポーツフェスティバル »

セントアンナの奇跡

監督:スパイク・リー
出演:オマー・ベンソン・ミラー、マイケル・イーリー、ラズ・アロンソ、デレク・ルーク

ある日ニューヨークの郵便局で、真面目な職員が窓口に現れた客を
射殺する事件が起きた。
前科も借金もない、定年間近の男が何故?
さらには、男の家から歴史的に貴重なイタリアの彫像の頭部が
発見される。
はたして事件の裏には、どんな背景があったのか?

舞台は1944年、第二次世界大戦中のイタリア、トスカーナに遡る。
「セント=アンナの大虐殺」という実際に起こった事件をベースに
作られた映画だそうです。
監督は、黒人の社会問題などを描くことで有名なスパイク・リー監督。

この映画でも主人公は、過酷な最前線に送り込まれた黒人部隊
“バッファロー・ソルジャー”のメンバーです。
なので、スパイク・リー監督色の強い映画かと思ったのだけど……。

アメリカ兵、ドイツ兵、反ファシストのパルチザン、そしてファシストを
支持する老人、パルチザンを匿う村人、謎めいた少年などなど
登場人物が多彩なので、複雑でややこしいです。

当時のイタリア国内情勢やアメリカ内の黒人の状況をまとめて語ろうと
するので、むやみに長く、中だるみしてるように感じてしまうのかも^^;

でも、久しぶりに知識欲を刺激する映画でした。
当時のイタリアをもっと知りたいという気持ちになりましたよ。
そしてラストには、感動の涙が……。

ドイツ軍は皆、悪党。アメリカ軍は善というように、
単純明快な描き方はしていません。
脱走兵や裏切り、少年と黒人の間に生まれる絆なども描かれます。
もしかするとそれがスパイク・リー監督らしさ?

お正月にレンタルDVDで観て面白かったので感想を書いてみました。

|
|

« 踊り始め | Main | プロ野球スポーツフェスティバル »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39855/50510543

Listed below are links to weblogs that reference セントアンナの奇跡:

« 踊り始め | Main | プロ野球スポーツフェスティバル »