« July 2014 | Main | October 2014 »

September 2014

いとしきエブリデイ

監督:マイケル・ウィンターボトム
2012年/イギリス

マイケル・ウィンターボトムは心温まる映画を
作る監督という印象があります。
父親が塀の中ということを除けば、本当に平凡な
ありふれた日常、毎日の暮らしを描いているのに、
繰り返し観ても飽きないのは何故でしょう。

マイケル・ナイマンの曲とイギリスの素晴らしい風景、
子供たちの自然な演技がこの映画を感動作へと
押し上げているように思います。

母カレンは子供たちを連れ、刑務所の中にいる夫に
はるばる会いに行きます。電車と地下鉄とタクシーを
乗り継ぎ、はるばると。
わずかな時間に交わされる父と子の心の交流。
夫婦の情愛。

ステファニー、ロバート、ショーン、カトリーナの
4兄妹は実の4兄妹を起用し、撮影スタート時に
それぞれ8歳、6歳、4歳、3歳だったとか。
兄妹が成長していく過程を、実際に5年間の歳月を
かけて撮影したらしいです。

冒頭のシーン、弟の泣き虫ショーンは赤ん坊みたい。
おしゃぶりをくわえて寝てました。
それが父親の悪口を言われ喧嘩したりして、
父親が刑務所の中という事実が家族それぞれに
与える影響も描かれています。

母カレンと父イアンを演じるのは、「ひかりのまち」の
シャーリー・ヘンダーソンとジョン・シム。
本当の家族のように見えるのが凄いです。
色々事情はあっても、家族ってイイ!!
そう思える映画でした。

« July 2014 | Main | October 2014 »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ