« February 2015 | Main | May 2015 »

March 2015

X-MEN ファーストジェネレーション

監督:マシュー・ボーン
製作:ブライアン・シンガーほか
出演:ジェームズ・マカヴォイ、ケヴィン・ベーコン 
マイケル・ファスベンダー、ジャニュアリー・ジョーンズ
ローズ・バーン、ニコラス・ホルト
2011年/米

「フューチャー&パスト」よりも若き日の
X-MENたち。
彼らのコードネームやX-MENと呼ばれる
ようになった理由が分かるので楽しい。
そしてまた、魅力的な俳優がずらりと
勢揃いしています。

オープニングのナチスとエリックのシーン、
チャールズとエリックが決裂する理由、
エリックが人類と敵対する気持ち等々、
ただのヒーロー物とは違う深い
メッセージが込められているように思います。

足の形が違うために「ノーマル」に憧れる
ハンクがミスティークの細胞を使用した薬で
ビーストになってしまう展開とか意味深です。

チャールズやハンクに惹かれていたのに
エリックと行動を共にすることになる
ミスティークの気持ちも想像出来るように
思います。
決して「分かる」とは言えないけれど。
「ありのままの~」と言われたら、
私も付いて行っちゃうかも。

前に書いた「フューチャー&パスト」の
感想をちょこっと訂正しなければ。
あの映画では、ミスティークとエリックが
ゴタゴタしていたのに何故同じグループで?
って不思議だったけれど、理解しました。

タイムトラベルものの難しさです。
混乱していたのがスッキリ。
やはりきちんと順番に観ないとダメ。

人類はミュータントを未知の物として
恐れ、敵対視する。
肌の色が青や赤だったりすることで
差別する。
そもそも「ミュータントと人類」を区別
することも間違っている。
それでは差別は決してなくならない
ってことかな!!
多様性を認めることが大事!!

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

X-MEN フューチャー&パスト

監督:ブライアン・シンガー
出演:ヒュー・ジャックマンほか
2014年/米

アメリカの近未来は、人類にとって、そして
又ミュータントにとっても良くないことばかり。

冒頭のシーンなど「ターミネーター」と
似ちゃってませんか?
とても敵わない敵の出現に疲弊しちゃって
荒廃した未来。

現在を変えるためには、過去に戻って
やりなおせばいい。
チャールズとエリックが考えた作戦。

でも、未来は変えることが出来るけれども
過去はやり直せない。
それが、タイムトラベルの法則じゃなかった?
天才科学者ビースト(ハンク)の台詞にも
あったけども。
この映画では普通のタイムトラベルじゃない
から可能なのだろうか?

ウルヴァリン(ローガン)が1973年に
目覚めたら裸だったとか「ターミネーター」を
意識してませんか?(笑)
ウルヴァリンはいつも上半身裸のシーンが
多いので、珍しくもないけど。

「ターミネーター」のシュワちゃんより、
この映画のマシン・センチネルの方が
怖さ100倍です。ミュータントの能力を
ほぼ全て備えちゃってます。

若き日のプロフェッサー(チャールズ)や
ミスティーク(レイブン)、ビースト(ハンク)、
ストライカー他が出てくるので初期のX-MEN
と前作、前々作は必ず見た方がいいです。

でも私は前作を飛ばしちゃったせいか、
良く分からない箇所がチラホラと。
それにミスティークとマグニートー(エリック)が
あんなゴタゴタしたのに何故、一緒に戦うことに
なったのか?……謎が多いです。
だがしかし、最強なのはやはりウルヴァリン
なんですよ。
凄い速さで動けるクイックシルバー(ピーター)
も好きだなあ。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« February 2015 | Main | May 2015 »