« ナルニア国物語 カスピアン王子と角笛 | Main | アバウト・タイム愛おしい時間について »

レクイエム

原題「Five minutes of heaven」

監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル
出演:リーアム・ニーソン、ジェームズ・ネスビット
2009年/イギリス・アイルランド合作

イギリスでは公開されず、BBCで放送が
あったらしいけれど、日本公開もなかった
というこの映画をDVDレンタル出来たこと。
それが奇跡だと思う。
観たいと思っていたら叶うものですね。
リーアム・ニーソン主演映画「96時間」
(Takenシリーズ)のお陰でしょうか。

1975年の北アイルランドでは、
プロテスタントとカトリック系住民との
対立が激化していた。

ユニオニスト(プロテスタント)の過激派
アルスター義勇軍に所属していた17歳の
若者アリスター・リトルはカトリック系の
若者を射殺する。

一方、加害者アリスターの姿を現場で目撃
した被害者の弟ジョー・グリフィンは母親に
「何故兄を見殺しにした」と責められ続け、
心に重荷を背負ったまま成長するのだった。

事件後33年たったアリスター(L.ニーソン)は、
若者の殺人をなくそうと、アドバイザーとなり
全国を回っていたのであるが、TV局の要請
で(?)自分が殺した男の弟ジョー・グリフィン
と対面することになる。

アリスターを演じるのは敬虔なカトリック
らしい北アイルランド出身の
リーアム・ニーソン。
何という配役でしょう。

TV局の思惑通りにいかなかったように、
「被害者側と加害者のご対面」と簡単に
片付けられない心の葛藤が双方にある。

北アイルランド問題は宗教が絡んでいて、
ご近所同士で争っているせいか、
難しすぎて重くて……平和な日本にいる
私には分からないことが多すぎる。

それでも「フィニッシュ」!なんだな。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

|
|

« ナルニア国物語 カスピアン王子と角笛 | Main | アバウト・タイム愛おしい時間について »

映画・テレビ」カテゴリの記事