« アバウト・タイム愛おしい時間について | Main | 「ハンガー・ゲーム」シリーズ »

ルート・アイリッシュ

監督:ケン・ローチ
英、仏、ベルギー、イタリア、スペイン合作
2010年

イラク戦争に参加したイギリス軍人の話
だろうと勝手に思っていたら違った。

2007年のイラク、バグダッドとイギリスの
リヴァプールが舞台。
フランキーとファーガスは子供の頃から
兄弟のように育った親友同士。

ファーガスの誘いで民間軍事会社と契約し、
銃を持ち、「任務」をこなしていたフランキー。
彼の死に疑問を持ったファーガスは
真相究明に乗り出すが……。

明らかになる戦争の真実。裏側。

アメリカ軍兵士による暴力行為。
「テロリスト狩りと称した民間人虐殺」。

鬱憤晴らしや報復のために行われる
市民への犯罪行為「ターバンを狩る」。

「無血ならセーフ」と、血を流さない拷問
や尋問で罪のないイラク人が殺される。

軍人じゃない民間兵がどんな殺人を犯し
ても無罪放免となる「オーダー17」という
悪法も存在したそうだ。

そして、イラクから帰国した人が抱える
心の傷。トラウマ。
こういったことは過去にも映画で数多く
描かれているだろう。

ケン・ローチ監督の視点はやはり違う!

裕福とは言えない庶民がお金のために
民間軍事会社と契約し、死亡した原因や
事実そのものも、うやむやにされる現実。
戦争で大儲けする民間軍事会社の存在。

「ルート・アイリッシュ」とは、バグダッド空港
と米軍管轄地域グリーンゾーンを結ぶ
世界一危険と言われた道路のこと。

なのに、会社役員はフランキーの葬儀で
「任務は医者や子供、ジャーナリストなど
民間人の護衛」などと、とても価値のある
尊い仕事のように語るのだ。

実際は戦闘指導、作戦の企画立案、米軍
への兵站補給も含まれるらしい。

間違った結論に辿り着いてしまうファーガス。
彼を誤った方向へ導こうとする本当の
悪人の存在。

あの悲劇的な結末は、ファーガス自身も
既に壊れていたせいではないか
と思うのだけど、どうだろう。

フランキーの奥さんが、ファーガスと夫の
深い絆に嫉妬したり、女性との浮気を
疑って逆上する場面は哀しかった。
戦争の現場を知らないからだけど、
女って愚かだと思った。

私はまたまたケン・ローチ作品から
色々教えていただきました。
安倍晋三政権を支持する人たちに今、
是非この映画を観て欲しいと思う。

にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村


« アバウト・タイム愛おしい時間について | Main | 「ハンガー・ゲーム」シリーズ »

映画「ま」~「わ」行」カテゴリの記事

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ