« ROOM | Main | 湯を沸かすほどの熱い愛 »

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女

「いやー笑えた!」「可笑しくて困った」

と、先に観た妹が言うので

「ホラーなのに、ミイラ映画のはずなのに何故?」

と観に行きました。

で、笑えたかというとサッパリ!!
ここは笑うことを期待している?もしかすると。
というシーンはありましたよ、確かに。
すっぽんぽんでご対面とか。

だがしかし、基本的には生き返ったミイラ、
ゾンビわらわらゾロゾロな映画なわけで……。

ゾンビものは怖くないと私は思うのだけども。
「笑える」と「怖くない」は別だわ~。

ちなみに妹が笑えたシーンが判明しました。

「最後の一つを譲ってくれてありがとう」
「もう一つあると思ったんだ」

これはトムさんの台詞を本心と受け取るか
どうかで変わってくると思います。

最後の一つを譲ったという事実、この重い選択を
相手の心の負担にさせないために言ったセリフ。
私はそう受け止めました。

もし仮に、「もう一つあると思った」のが真実だと
したら、ええかっこしいの男性は女性に、
その真実をわざわざ言わないような気が……。

なので、私はこのシーンで笑いませんでした。


トム・クルーズの映画では「レインマン」や
「ミッションインポッシブル」シリーズほか
色々良いものがあります。

今回は年齢の割に鍛え抜かれた体を披露し、
彼のファンには堪らないのかもしれないね。
続編がありそう。
悪のヒーローで大活躍って、そっちの方が
面白いかもしれません。

あっ。もしかするとこの映画を観た男性は
蘇った女性(二人)の美しさに目を奪われて
大満足な映画かも?!
ソフィア・ブテラは、な、な、なんと!
ダンサーだそうです。

眼球を2つにして、魔物感アップでイイ!!
「耳なし芳一」を彷彿させる体の入れ墨は
怖さ倍増でGoodです。
ホラーは観ないって決めてたのに…。
観ちゃった(汗)。お盆なのに……(汗)。

2017年/米

にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村


« ROOM | Main | 湯を沸かすほどの熱い愛 »

映画「さ」~「た」行」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39855/65662658

Listed below are links to weblogs that reference ザ・マミー/呪われた砂漠の王女:

« ROOM | Main | 湯を沸かすほどの熱い愛 »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ