映画「あ」~「か」行

アバウト・タイム愛おしい時間について

監督:リチャード・カーティス
出演:ドーナル・グリーソン、ビル・ナイ、
レイチェル・マクアダムス

サントラを持っているお気に入り映画
「ラブ・アクチュアリー」の監督作品です。
リチャード・カーティス監督。
脚本は多いけど、監督作品はこれが
3作目なのだとか。

イギリスのロンドンとコーンウォールが
舞台で、海が見える家が素晴らしい。
今の私にはとてもタイムリーな映画。
俳優むろつよし氏のおススメ映画。

代々一族の男はタイムトラベルが
出来ることを21歳の誕生日に父親
から教えられる主人公。
ドーナル・グリーソンはアイルランド
出身の俳優です。

ハリー・ポッターにもウィズリー家の長男
として出演しているらしいけど、
イメージが違って分からなかった。

失敗をやり直すためにタイムトラベルを
繰り返すことが出来るって、いいよねーー。
思い出すたび赤面する過去とか、
アレがなければもっと良かったのに~とか
言ってしまって後悔したこととか、
やり直したいことは数多いですよ。

しかし、この映画で教えられるのは、
やり直し出来れば良い人生ってことでは
なくて、見えていない日常の素晴らしさに
目を向けなさい、気が付きなさいってこと。

最悪なBadDAYだと思っていたのは
実は周りが見えていなかったからとか
考え方次第ってことに気が付く訳です。

ラブ・アクチュアリーでロックンローラー
だったビル・ナイがステキなお父さんを
演じていました。自然な演技でした。

嵐の中の結婚式が抱腹絶倒です。
あんなにひっちゃかめっちゃかだと、
普通やり直し対象だと思うでしょう。
タイムトラベルで天気まで変更できない
から仕方ないのかな。

「楽しかった」って可愛い奥様の発言。
前髪ぱっつんでキュートなメアリー役
レイチェル・マクアダムス。

子供が1人2人と増えて、タイムトラベル
する機会も減っていく人生……。
この年になっても、やり直したいことが
多々あるって問題かな。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

いとしきエブリデイ

監督:マイケル・ウィンターボトム
2012年/イギリス

マイケル・ウィンターボトムは心温まる映画を
作る監督という印象があります。
父親が塀の中ということを除けば、本当に平凡な
ありふれた日常、毎日の暮らしを描いているのに、
繰り返し観ても飽きないのは何故でしょう。

マイケル・ナイマンの曲とイギリスの素晴らしい風景、
子供たちの自然な演技がこの映画を感動作へと
押し上げているように思います。

母カレンは子供たちを連れ、刑務所の中にいる夫に
はるばる会いに行きます。電車と地下鉄とタクシーを
乗り継ぎ、はるばると。
わずかな時間に交わされる父と子の心の交流。
夫婦の情愛。

ステファニー、ロバート、ショーン、カトリーナの
4兄妹は実の4兄妹を起用し、撮影スタート時に
それぞれ8歳、6歳、4歳、3歳だったとか。
兄妹が成長していく過程を、実際に5年間の歳月を
かけて撮影したらしいです。

冒頭のシーン、弟の泣き虫ショーンは赤ん坊みたい。
おしゃぶりをくわえて寝てました。
それが父親の悪口を言われ喧嘩したりして、
父親が刑務所の中という事実が家族それぞれに
与える影響も描かれています。

母カレンと父イアンを演じるのは、「ひかりのまち」の
シャーリー・ヘンダーソンとジョン・シム。
本当の家族のように見えるのが凄いです。
色々事情はあっても、家族ってイイ!!
そう思える映画でした。

オーシャン オブ ファイヤー

監督:ジョー・ジョンストン
出演:ヴィゴ・モーテンセン、オマー・シャリフ
2004年/米

西部劇には何故だか全く惹かれないし、
このタイトルからして魅力が無いので、
あんまり暇だったのでたまたま観てしまったっ
という感じなのですが、
意外と面白かった!!拾い物でした!!

原題の「ヒダルゴ(HIDALGO))」を
そのまま使った方がいいです!!絶対。

ヒダルゴって何だ? と興味を持つ人がいると思う。
ヒダルゴとは、主人公の相棒の名前です。
ムスタング種の野生馬。
絶滅種なのかな?
主人公のF・ホプキンスって実在の人物のようで、
ムスタング種の保護をしたことで有名のようです。

「オーシャン・オブ・ファイヤー」は、アラブ砂漠で行われる
過酷な耐久レースの名前です。
レース参加者は砂嵐や流砂に巻き込まれたり、
ライバルが仕掛けるあの手この手を逃れて
ゴールしなければなりません。

ヒダルゴと主人公フランクは果たして優勝できるのか?
1人と一頭だけの問題じゃないんだな。
優勝には、その他大勢の命運がかかっていたりして……。
ハラハラどきどき「インディ・ジョーンズ」風の映画です。
が、少々問題意識を感じさせる映画でもあります。

アメリカ先住民族と野生馬の保護。
うーん、意味深長かも……。


キングコング

スカパーの「ザ.シネマ」では何故かゴリラ特集。
1976年の「キングコング」と2005年の「キングコング」を
一挙に2本続けて観ました。

1976年の方はアカデミー賞特殊効果特別賞を獲っただけに
観ていてあまり古臭さを感じません。
既に観ていた2005年の方と比べると、
1976年のものは元祖だけあって感動するわ~と。

が、2005年のも見直すと面白いじゃありませんか!!
前回観たときには、「ジュラシック・パーク」のパクリっぽく
感じたし、アンがコングの前でおちゃらけるのが
あまり好きではありませんでした。

でももともとコングがいたスカルプ島は恐竜が存在する
という設定なんですね。
それなら、「ジュラシック・パーク」っぽくても仕方ないし、
島に巨大なゴリラが一頭だけいるよりは不自然じゃない。

コングがアンを守るために恐竜と戦うシーンがあるから、
アンがおちゃらけるシーンがあるから、
コングがスケートリンクで見せる姿や
アンに対する純粋な”愛”を観ている私たちもすんなりと
受け入れることが出来るのだと改めて思いました。

私利私欲にまみれた人間の身勝手さと純粋なコングの
愛情の対比。
アンを守るために現れた男性がいることで、
”ゴリラと人間の愛”という不思議なヘンテコな映画で
終わらないのが「キングコング」の良さなんだろうね。
泣けちゃいました……。

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ